RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
DVxー1Q決算
売上高総利益率が過去ずっと(医療機器価格改定の有無にかかわらず)20%をキープしていたのに18%に落ちてましたね。
どうやら私が前に書いた話は今回は外れてしまい、ロックオンさんから頂いたコメのように改定前の在庫を改定後価格で販売することによる影響があったのですかね〜。
よくわかりませんけど、DVxを取り巻く環境が過去より厳しいことは確かですね。
しかし、基本的なストーリーは変わっていないとも思います。
販管費に関しては、研究費、営業所新設費用及び育成中の営業の人件費、7月から出るエキシマの新商品関連の費用などなどなんじゃないっすかね〜。
今の地合は目先のみで先を見越してくれないのでちょびっと売りました。

author:ダル♪, category:DVx, 23:43
comments(0), trackbacks(0), - -
DVxから本が届いた、トヨタなど
経営者の本を読んでみるというのは非常に有意義ですね。

かつやの経営陣が何考えてるか、シルシルミシルから垣間見ることができましたし
ペパボの家入さんがどんな人かも、著書から知ることが出来ました。

ある日ポストに厚みのあるものが入った封筒が届いてビックリしましたが、
今回はDVx社自ら本を送ってきてくれたんですよね。
そもそも医療機器卸なんて、外部からは分かりづらい会社であるためあまり注目されませんし、僕自身もよく解ってなくて不安になることもあります。
株主にもDVx社について知ってもらって、長く応援して欲しいという意図を持って送ってきてくれたのではないかと思うと嬉しい気持ちになるぜぃ☆

もし自分のブログの読者さんの中で、
(自己満足で書いてますが、読んでくれてる人がいることが嬉しいんだぜ)
3079が気にはなるけど、よくわからんよなぁ‥という人がいれば、購入してみてはいかがでしょうか?
1単元23万円の投資を検討する際に、たかだか1500円で有用な情報が手に入るのですから安いですよ。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AF%E8%AA%9E%E3%82%8B-%E3%82%8F%E3%81%8C%E7%A4%BE%E3%81%AE%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%AB%87%E9%9B%86-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E7%B5%8C%E5%96%B6%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%AE%A4/dp/4839701431/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1277746703&sr=8-1

というかだな、この中古品出品した奴株主だろwww

本の方はまだちょっとしか読んでませんけど、
医療機器の使用をサポートしたり、新しい治療法を広げたり医師と二人三脚で患者を救っていく流れはいいですね〜。
信頼を築くのは短期間では難しいですし急成長とは行かないかもしれませんけど、
全国にDVxの医療が広まる可能性は無いとは言えない気がしました。


あぁ、どんなに綺麗事を言おうが、いくら感動する良い会社だからといって、投資対象ホールド対象かというとそれは大きな誤りというものですけどね!!

株の根本は売買によって株価が動くことで儲けることだということを忘れてはいけないです!!、
(アゴウさんやtwitterトレーダークラスタの皆様はいつもそれを教えてくれます♪♪いつも刺激をくださってありがたいです。)

それでも僕は企業の分析を中心に、企業の成長を指針にして投資を続けていこうと思います。

PS、
ここの板は薄くて、心理的に辛いもんがありますけど、
逆に言えば何らかの要因で3079欲しい人がたくさん出てきた時には、株価はあっという間に上がることになるでしょうね。
あぁ買い煽りじゃなくて、自分の心を支えるためです。
ホールドって結構大変なんですよ。

PS、
2006年くらいに本屋に積まれてたトヨタやキャノンの本は面白かった。
だけど景気どうこうじゃなく、ビジネスモデル的にこの好調はいつまでも続かないと思ってた。
 まず従業員を犠牲にしすぎてる辺りに倫理的に危機を感じていました。
案の定、派遣問題勃発しましたね。
 後付けだけだとあれなので、正直3073にも同様の危機を感じています。
現場に裁量をおいてくれるためやりがいはあるように思えますが、年収を含めかなり黒い気がします。正社員に休みあるんだろうか?年収的にも、生活するだけで一杯で結婚とか無理でしょ。
金の面だけでなく仕事オンリーになって家庭崩壊になりそうな気がする。
 まぁ、独身で仕事オンリーで燃え尽きて死ぬっていうアツイ人が使い捨てられればいいかもしれませんけどね。現実はクール&ドライです。
 もっとも外食産業における基本地力は強く、成長もしており、株価もめちゃくちゃ安いため強気で投資してますよ。
 また3094も、財務や株的な問題、ライバルなどの懸念以上に、一回元従業員に労基署に通報される問題があったりする辺りが一番投資に踏み切れない要因だったりします。安いだけの株より、良い株をそこそこで買ったほうがいいよね。

 トヨタにおいては、コスト削減の行き過ぎ、品質を犠牲にしたコスト削減に非常に懸念を感じておりました。
 奥田会長くらいからその傾向が出てきて、トヨタの品質が落ちたんじゃないですかね。
 しかもマスコミに口封じするようなやり方でしたから、長くは続かなくて当然でしょう。
 品質を基にしたブランド(信用)を犠牲にして、目先の儲けに走ったことによる絶頂期は長くは続かなかったということでしょうね。
 
それを踏まえて3073の食べログ見ると、コスト削減が料理に出てきてるようなレビューが散見されるのでどうなんだろうと思ってみたり。
同様に僕のメイン3085にも言えることでありまして、カツ丼の品質がコスト削減で劣化するようなら、バイバイ売買することになるでしょう。切る時はかつやだってスパッ、スパッざんすよ。

そういや牛丼は随分劣化しましたよね。
ギリギリまで具を薄く敷き詰めた牛丼は、料理じゃなくて餌としか思えない。
安いからいいけど。


話し変わりますけど、
利益率の高いビジネスモデルって甘くておいしいですから、市場のハイエナ共はいつでも参入する機会を伺うことになるでしょう。
コカコーラクラスまで行くと競争力が強固すぎて壊しようがないですが、
キャノンのインクモデルは、パチ物というありきたりな手段で破壊されてしまいましたね。

デジカメは景気もあるでしょうが、普及に伴って伸びが鈍化しましたね。
当然ですが一台買えば十分でストック性がないのでね。
買い替えと言ったって、性能伸ばすには限度があるでしょう。
デジカメもガラパゴス携帯の領域に入ってるように思えます。
当分は新興国への普及でなんとかなるのかな。

そういやデジカメもプリンタも個人的に欲しいんだぜ☆
安い古いモデルで十分すぎる性能を享受できるいい時代ですね。
従業員が使い捨てられ、競争で企業の利益も削られて、消費者が高性能を安く享受する。
シーゲルの資本を食う豚を思い出します。

まぁまとめると、
企業の成長モメンタムに投資するなら、伸びも大事ですけどに土台となる企業の継続性が大事ってことだと思います。

author:ダル♪, category:DVx, 03:21
comments(0), trackbacks(0), - -
DVx
 先日の決算記事に、
医療機器価格改定分は、メーカーに押し付けるからDVxには影響ない。
といったことを書きましたが、
100%そうだとまで言える自信もなかったので自分で検証してみました。

期間は、前回の改定直後のH21年度1Q〜H22年度4Qまでの2年間です。
(ご存知かと思いますが、補足しておくと医療機器価格改定は薬価改定と同時に、2年毎に行われます。)
調べた指標は、売上高総利益率(粗利益率)です。
売上高総利益率=売上原価(=仕入れ値)/売上高*100

するとびっくり、全8四半期とも20%〜21%の間に収まっていました!!
改定によって利益率が落ちるということはないとかんがえても良さそうです。

決算短信に乗ってる数字を割り算するだけなので、気になる方はもっと過去にさかのぼって調べてみては?
author:ダル♪, category:DVx, 22:32
comments(0), trackbacks(0), - -
DVx-決算
 DVxの決算が出ました。

上方修正&増配ですが、この会社にとっては普通のことですね。
医療機器価格改定ということもあり、来期予想は保守的です。
全体的に特にサプライズのない決算でしたね。

純利益が少ないのは出資ベンチャー株の特損出してるからみたいです。
人工血管も来年以降とちょっとかかりそう。
ヘルシーポッドジュニアは明らかにハズレだしw品目的にはイマイチなのかな〜。

営業エリアの拡大は買収で見込めそうだし、主力商品の販売も好調なようで、
普通に今期も15〜20%の成長を見せてくれる思いますけどね。

PS,
価格改定はメーカーにしわを寄せるだけです。
医療機器の価格は発売時に値下げを織り込んだ償還価格(患者への販売価格)になっているので、
メーカー的にも問題なしです。



author:ダル♪, category:DVx, 23:48
comments(2), trackbacks(0), - -
健康相談ダイヤル
久々にDVxの中間決算のお手紙を読み返したら、
DVx社の看護師資格を持つ社員が電話で健康相談に乗るというサービスを発見♪
ホームページには見当たらないし、ステークスホルダー限定なのかな?
隠れた株主優待?

『人に優しい医療』が本物かどうか確かめるためにもかけてみる必要があるな。

PS,多くの会社の株持ってる人って会社からのお手紙が一杯で大変そうだ。
author:ダル♪, category:DVx, 03:25
comments(0), trackbacks(0), - -
DVx-買い増し
だいぶ押してきたので買い増ししましたぜぃ♪
見事に今日の底を拾えました、なんか気持ち良いですね。
人間ってほんと目先の小さいことがスキなんだな。
(目先の数%より確実に買っとくことのが大事やと思うけど、ついついね。)

DVxの見通しに関しては、
4Qは想像以上の数字が出るものの、来期予想ではペースメーカーやカテーテルの価格改定を迎えて利益面で控えめの業績予想が出るものと思っています。
(前にも書きましたが、虚血部門は価格改定の影響はありません。)
最近保守予想→調整の流れが流行っているようなので、決算後に買おうかと思ってたんですけどね。

ただ、来期は人工血管やイスラエルベンチャーからの検査機器、ヘルシーポッドジュニアなど新製品がどんどん上市する年になると思うので、そういう話題が出る前にひっそり仕込んでおこうと思いまして。

この会社は現場にこんなのあったらいいなぁという製品を、
○海外で使われているものを輸入
○自社で製造
○投資先のベンチャーから入手
(良い商品を導入するためには手段を選ばないってことですね)
→国内で承認を取って販売
の流れを作る、いわば製薬企業的な面を持っているのが成長ドライバーとしてアツイですね。

虚血部門に導入している製品はDVxの独占販売ですから、それらが心臓治療のスタンダードとなれば、全国の大病院に確実に広まるでしょうし。

営業エリア面でも自社の力だけでなくM&Aもしていくようなので、まだまだ空いているところを攻めて行ってくれるのも楽しみです。

正直ここを初めて970円で買ったときには、
○時価総額<ネットキャッシュ
○PER5倍
○医療系、しかも心臓関連は患者増える。
○3年後に200億という目標を掲げている。
というあまり中身を見ずてきとーに買った感じでした。

しっかし実際はかなりすげー企業ですな。
倍以上の価格で買い増しするのは少し抵抗ありますけど、
それを除けば今の株価はぜんぜん安いですね。
今は市場から完全無視されてますけど成長株として認識されればPERジャンプも期待できますし、主力の1角として活躍を期待したいと思います。
author:ダル♪, category:DVx, 01:07
comments(2), trackbacks(0), - -
DVx-会計と現実
先行きも若干不透明さがあってウェイトを落とし気味だったDVxですが、先日一部買戻ししました。

某ブロガーさんの記事に影響された面もあったりしますがw

自分で考えてあることに気づいたんですよね。

2Qの決算資料からなんですが、研究費・薬事関連費用の計上の時期が後期にずれるため、通期業績は据え置くといった内容。

でまぁ時期とかはどうでもいいのです。
内訳としては、
.據璽好瓠璽ーやカテーテルの世代交代による再申請費用
⊃郵血管を含む新たな商品の研究費及び申請費用
で、大方△任靴腓Α
この点についてはIRに聞いてみようかと。

大方△世箸靴疹紊任痢△修糧駘僂硫餬彎紊琉靴なと実態はどうなのかと考えてみて、
表面PERはともかく、実態は今の株価ってかなり安いんじゃねと思ったわけなんですよね。

研究関連は無形固定資産として計上し発売後の利益から償却するのが実態に即していると思うんですよ。
店を出すのに、有形固定資産を取得して償却するのと同じように。

確かに、研究は成功する可能性が高くないものですからこういう扱いになるのもわからなくもないんですが…。
そんなこと言ったら、店だって失敗することもあるわけで。

俺の考えとしては、
研究費をつぎ込んだ=うまくいけば収益が得られる無形固定資産を取得した
ってとこでしょうか。
少なくとも、営業費用などではないと思う。

まぁ投資家的にはさっさと費用計上してくれる方が、税金的にもありがたいので会計の仕組み自体は結構なことです。


author:ダル♪, category:DVx, 20:19
comments(2), trackbacks(0), - -
人との繋がり
http://blog.goo.ne.jp/6_suke/e/370fb7f8dd3e421a8ff763d9aa6a9e6e#comment-form

神記事としてクリップ確定。
同じ商品を取り扱う同業他社がたくさん入る中で販売を伸ばし続けていたのが、そんなヒミツがあったのか。
 

抗不整脈薬は下手に使うと、生命予後が悪い。(副作用リスク>心房細動など合併症の予防のメリット)不整脈の薬の副作用が不整脈だったりする。(薬で脈のリズムをいじるので、うまくいじれないとひどいことに)
ちゃんと使えたとしても、維持療法に留まるわけで。

そういう意味で、医療機器による治療は根治療法として期待出来るんだろう。

とはいえ、アブレーションカテーテルもペースメーカーも取り扱っている医療機器卸は山ほど入るわけで、競争が気になる。

そこで、有名なドクターと繋がりを持っているのは大きなポイントなのだろう。
医者の世界は◯◯系列だというのは、よく言われている話しだし、
目の前の病院の先生は◯◯大学病院から来ているとかいう話はよく耳にする機会がある。

となれば有名ドクター繋がりの卸というだけで、そのドクターの系列には入り込みやすくなるんだろうね。
社長がドクターの信頼を勝ち取るのがうまいとすれば、今後も期待出来る。
author:ダル♪, category:DVx, 22:31
comments(5), trackbacks(0), - -
DVx…追記アリ


IRの返事が来たので記事に。

値下げ要求について
⇒年度毎に価格交渉する。償還価格改定があったら、その分の値下げ要求はある。

過去の償還価格改定における影響
⇒概ね売上の5%

虚血部門の改定における影響
⇒ない

虚血部門の消耗品収益について。
⇒消耗品収益もあります。

ペースメーカーの書籍の浸透度
⇒1600〜2000冊ほど売れている。


今回はうまくかわされた感じ。
引き続き追撃メール中です。

追加

償還価格改定分をメーカーに価格転嫁出来るの?
⇒価格転嫁や機器そのもののマイナーチェンジや世代交代でなんとかなるものの、概ね1%くらいは被ってしまう。

要は価格が医療機器の価格は下がってくるが、めまぐるしく新しいものと入れ替わっていくのでそこまで全体として大きな影響があるわけではない。
企業努力と販売数増でなんとかなりそう。

虚血部門の新規医療機器採用予定はあるの?
⇒ない

またも大事なところはかわされた。うーむ、個人的にはIRの印象は微妙…。


author:ダル♪, category:DVx, 19:12
comments(0), trackbacks(0), - -
DVx2
ペースメーカーやカテーテルは継続的に需要があるビジネスだが、
虚血分野のACISTとかエキシマレーザーって売り切り型だろう。
消耗品やサポート部分もあるにはあるだろうが、それで上がる利益は推測だがあまり大きくないと思う。
ここは疑問点をまとめて、一回IRに突撃せんと。
意外とエナフンさんも深くは書いてないし、俺は若干医療のことはわかるからこの銘柄なら一番になれるかもしれん。

今のところ保有比率は
かつや   3
イーギャラ2
DVx       1
とここは少なめだが。
流動性がクソなだけに落ちる時はまっさかさまだし、どっかで買いチャンスが来る気がするんだよね。


疑問点 
○過去の償還価格改定で、ペースメーカー、カテーテルの一つあたり粗利益(販売価格-仕入価格)はどれくらい減少したのか?
もっと踏み込むなら、販売価格の変化と仕入れ価格の変化をそれぞれ知りたいところ。
○来年の改定について、どれくらい業績に影響を与えるか。
○ACISTとエキシマレーザーの消耗品利益などについて
○今後も虚血分野で新しい医療機器を持ち込むプランはあるのか?
author:ダル♪, category:DVx, 22:31
comments(2), trackbacks(0), - -