RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
投資スタンス
なぜ株をやるのか。
それは株式市場で勝てると考えるから、
勝てるパターン、手法を持っているからなんじゃないかと思う。
株を損得五分五分の運ゲーだと感じているなら株はやらないだろう。

その手法がもし正しいとするなら、
期待値が+の手法であるなら、
勝ち負けに波があるとしても、
時間と共に結果は出せるだろう。

それで結果が出せないとするなら、
きちんと手法を守っていないからに過ぎない。

自分の場合は大きく2つで、
一つは企業の利益成長についていく手法。
もう一つは、需給やコンセンサスなどが歪んていると感じているときに数日〜1ヶ月程度のスパンで裁定していく手法。

これを着実に実行していけば、資産を増やせる実力はあるんじゃないかと
自惚れてるのかもしれないけど、僕はそう思ってる。

それでも失敗するのには、
自分の意志で売買していると言うより、
衝動的に売買させられるというのがある。
震災時の売買なんかはもう完全にテンパっていて、
何者かに操られて売買していた。
それ以外の時でもなんとなく値頃感で買ったり売ったりしている時もある。
買い板が厚くなってるから焦って買うとか、売り板が薄くなっているから焦って売るとかね。

その焦りを生み出すのが信用取引だよね。
3.11でこれで死んでいった人もいるし、
僕は深手を負った一人だったりします。

信用取引は適切に使えば、資産増加を加速させるものだけど、
下手に使うと自らを死に追い込む諸刃の剣。
信用取引の怖いところは、
上がると余力が増えて買い欲望を煽るし、
下がると余力が減って売らないとやばいって気持ちにさせてくるところ。
つまり本来なら安値で買って高値で売るはずが、その全く逆をさせられることになる。
高値掴み安値投げを衝動的にさせられるという副作用があるわけだ。

また、企業の利益成長に着目する投資の場合、握力が大事になってくると思うんだけど、
信用取引によるプレッシャーで、本来持ち続けるべきポジションを衝動的にクローズさせられることもある。
また、その反対のケースとして、さっさと切るべきポジションが含み損で切れなくなったりする。

あとは、自分でよくわからない企業を知ったかぶりで買うと失敗しやすい。
だってわかんなかったら判断できないからね。
それと何か売買しないといけない、何かポジション持たないといけないみたいな感じになって、適当というか衝動的売買すると失敗しやすい。
あとは前もって、そのポジションを持つ根拠、どういう時に撤退するか、利確するかをあらかじめ想定しておく必要がある。
実際にポジションを持つとバイアスがかかりやすいので前もって判断するべきだ。
迷ったらクローズするべき、クローズしてもなお持ちたければ再度インすればいいだけ。
別にそのポジション、銘柄で勝たないといけないわけではない。

結局こういうアタリマエのことができていなかったから損をした。
だから意識しよう気をつけよう
命の次に大事な、いや命ともいえる金をかけてるんだ。



author:ダル♪, category:銘柄選択, 22:47
comments(0), trackbacks(0), - -
僕がベストブライダルを買ったわけ
ベストブライダル、とりあえずほしかった株数仕込んだので、本格的に買い煽りでもしようかと思いますw


というかね、買いあおりというよりかまって欲しいだけなんですけどねw
だってね株以外のものだと、『これいいよね〜。』って話するし、それが楽しいじゃないっすか〜。
かつやにしたって、かつやおいしいよね〜♪だと普通の会話でもかつや株いいよね〜♪だと買いあおりですからね。
株だと買い煽りになるし、黙ってるほうがいいのもわかるんですけど、
さびしがりやの僕はしゃべりたくなっちゃうんですよ〜。


というわけで、ベストブライダルを買ったわけを語ろうと思います。

上にも挙げましたが、僕がかつやの株いいよね〜♪というと、帰ってくるリアクションはこちら。
地味。
出来高少ない。
新興市場で地味株とか相手にされない。
確かに安いけど、安いまま終わりそう。
成長速度が地味。
安定してるけど…。
無借金(財務きれい)は消極的の裏返し
まぁこんなとこです。

ベストブライダルどうだろう?と聞いて帰ってくるリアクションもこちら
時価総額200億もあって、成長余地が限られてる。
成長頭打ちだろjk
結婚式産業とかもうね…。
一生割安。
T&Gうんたらかんたら
エスクリのほうがいいだろ。

地味株な上に時価総額も大きいですから、小型成長株好きにも相手にされない。
むしろ話題にすら上がらない。誰も相手にしない。
そういうわけで、かつや以上にひどい売られよう、ディスられようでした。
実際PER5倍割ってる局面もありますし、上方修正濃厚な素晴らしい業績進捗にもかかわらず、株価は右肩下がり…。

東証マザーズ市場といえば、時価総額が軽く、ネット系で、流動性もある株が大暴れする市場ですから、
重厚長大なベストブライダルなんて相手にする価値もなくて当然なのでございます。

ところがどっこい、東証1部にいけばどうでしょうか?
業績安定成長、財務良好、業界最大手、それがPER5倍だと?
見方が180度変わるといっても過言ではありません。

僕がだいしゅきなゆうこりんもベストブライダルを買っていますので、
今度のダイヤモンドZAIでは
ゆうこのベストブライダルが東証1部に〜♪
なんて書かれるんじゃないでしょうか?
そしたら、ゆうこりんファンが1人10株くらいは買うこと間違いありませんw
というのは冗談ですが、気になる読者も増えることでしょう。

僕みたいに新興市場見てる人はハッキリ言ってレアで、
ふつ〜は東1の株以外は株じゃないってもんじゃないっすかね?
投資を始めてからまだ1年半ですが、今まで何回新興(笑)と言われたことか。

つまり、ベストブライダルは今までは株としては存在してなかったものでw
やっと株としてみてもらえる時期が来たのではと。
会社は何も変わってないしマザーズから東1行くだけですけどね。

後ベストブライダルには一応レーティングがついているのですが、
新興地味株のレーティングなんて一切無視ですからね。
でも東1のレーティングならどうでしょう。
買い煽るもっともらしい理由ならいくらでもありますよ。
第一今期は99%業績上ぶれるんですから、それがPER5倍ってだけでもうね。

ふつ〜の個人投資家は、エスクリとかアークランドサービスとか絶対買わないでしょ。
規模も小さく、財務も不安定で、流動性もないマザーズのエスクリと、
東1で、財務良好、業界最大手のベストブライダル、
機関投資家や大半の個人投資家はどっちが好きですか?

そんな諸々を考慮すると、
PER8倍くらいならついてもまったく不思議じゃないように思うんですよ。
5→8倍への修正+上方修正+東1への露出で50〜60%取る。
これが僕のベストブライダル買いの狙いです。

ちなみに、
http://www.bestbridal.co.jp/ir/document.html?template=955&brand=60&folder_contents=7237&src_data=103954&filename=pdf_file.pdf
この売り出しは、東証1部への上場条件を満たすための売り出しだと推測しています。

既にベストブライダルは、株式分割などの施策によって、
東証上場基準の
http://www.tse.or.jp/rules/listing/stlisting.html
流通株式のcの項以外をすべて満たしています。
現在固定株が塚田社長、奥様、奥様の有限会社を合わせまして77.6%ありますが、
今回の32500株=13.3%の売り出しをもって、固定株が64.3%
流通株式が35.7%となり、すべての条件を満たすことになります。

開示の1番最後に
売出しの目的
今般、上記売出しを実施することといたしましたが、これは当社普通株式の分布状況の改善と流動性
の向上を目的としたものであります。
とありますし、一致してるのではないかと。
公募増資は1株たりともなく、良い施策だと思います。

本当は塚田社長だってこんなふざけた株価で株を売りたくないでしょうが、
経営者の悲願である東証1部上場の方が大きいのでしょう。

32500株の売り出しが需給的に懸念ですけど、
買い手が固まってるから、売り出しと昇格を決めたんじゃないですか?
昇格の準備とか普通は1年くらい前からしてるはずですから。
むしろ機関が株を買い取ってくれれば、彼らが煽ってくれることでしょう。

たいいち一つくらい懸念があるからこそ安く買えるのであり、懸念が事前ほど大したことなかったときおいしいのです。
現在の株価でも、分割前25万円と今年ずっと低迷していたレベルの株価ですから安すぎると思うんです。
22万円台とかは、マザーズというやんちゃな子ばかりのクラスで地味にひとりぼっちでお弁当を食べていた黒歴史時代ですから、
ぼっち→優等生と周りの評価が変わって、大学(東証1部)デビューするベストブライダル君の今後を楽しみにしたいと思います。

PS、
魔理沙と結婚したいお!
二次元との結婚式もやってくれるならベストブライダルもっと買うお!

PS、
誰も知らないブライダル上場企業アイケイケイは、
私の地元にあるんですが、なかなか評判は良いですね。
author:ダル♪, category:銘柄選択, 13:45
comments(2), trackbacks(0), - -
一六堂がセントレックスに上場したわけ。
私は一六堂に投資をしておりますので、他の投資家さんに一六堂について話すこともあるのですが、
その時に絶対に言われる一言があります。

『セントレ(笑)』


僕は投資をはじめたばかりなもので、なぜセントレックスがダメなのかよくわからなかったのですが、
そのように話される方の話では
上場基準が緩いからのとのこと。

名古屋証券取引所セントレックスの上場基準
http://www.nse.or.jp/j/minasama2/j-kijun.html
は非常に緩くインチキ臭い会社でも上場できるからセントレ(笑)ってことだそうです。
見てのとおり、はっきり言えばどんな会社も上場基準に適合するといっても過言ではありません。

ちなみにこちらが、
東京証券取引所マザーズの上場基準
http://www.tse.or.jp/rules/listing/stlisting_mo.html
よくみるとあんま変わらん気がするけど。

そしてこちらが
大阪証券取引所ジャスダックの上場基準
http://www.ose.or.jp/limitation/1190
こちらはそこそこ条件が厳しいですな。

それから、
☆証券会社での取り扱いが良くない
マケスピに対応していない
岡三では売買できないetc
などを聞きます。

他に、東1を目指すならマザーズの方がいいだろというのも聞きます。
東京証券取引所1、2部上場基準
http://www.tse.or.jp/rules/listing/stlisting.html

2120ネクストや3397トリドールのように、新興市場から東証1部に直接上場狙うならマザーズが圧倒的有利です。
なぜなら、通常いきなり東1にいく場合は右側の条件を満たさないといけないのですが、
マザーズ経由の場合は左側の条件でOKだからです。
2764ひらまつのように、
新興市場→東証2部→東証1部と狙う場合は、どの新興市場でも条件は変わりありません。

とまぁ前置きはこの辺にしてと、

僕も少しは気になっていたので一六堂のIR担当者さまに、
『なんでセントレックスに上場したのでしょうか?』
と聞いてみました。

(断っておきますが、ダル♪のフィルターがかかっているため、週刊誌のインチキ記事くらいのものとして捉えてくださいね。)

○上場の話は、複数の証券取引所および証券会社から来ていた。
○上場の話は、新興バブルの頃に来ていて市場の雰囲気が悪くならないうちに上場したかった。
○他の取引所だと上場準備に数年かかるため、比較的時間がかからないセントレックスを選んだ。
とのことでした。

IPOする会社側の立場に立ってみれば、
目的は株式を高値で売るもしくは良い条件で資金調達することです。
一六堂が上場してからしばらくしてライブドアショックと共に新興バブルは弾けてしまいましたので、
結果的にいえば大成功のIPOなのです。
多分今IPOしたら、一桁下の2.5万くらいしかつかないでしょうから。

高値売り抜けうますぐる!!

この会社は、名より実を取ったんですね。


それから、東証2部について条件を満たせるのか?と聞いたところ、
時価総額面と業績面は少し足りないが他は問題ないとの回答でした。
まぁ聞かなくても東証のHPみればわかるんですけど、

姿勢を聞きたかったものでね。
僕的には、準備はしてるけど業績や株価が戻り始め時期をうかがってからって風に感じました。
やる気は合っても、今は株価も業績もついてきてませんのでね。


ちなみにですけど、
株主層がよくない(経営者が半数持っている)と言われる方がおられますけど、

今度おそらく東証1部に昇格するベストブライダルなんて
塚田社長、塚田社長の奥様、奥様の資産管理会社で77.6%占めてるんですよ。

流動性面も、分割とか増配とか立会外分売とか施策打てばいいんですよ。
ベストブライダルも、取引が少ない株でしたけど、
いろいろやって上場数ヶ月前に流動性稼ぎにいったでしょ?


この会社の担当者様と話していると、ファイナンスに非常に明るいんですよね。
なんでこんな小さな会社にこんな有能な人がいるの?とほんと思います。
社長の人望なんですかね?


PS
セントレックスがセントレックソと言われるゆえんって本当に何なのでしょうか?
粉飾やクソ株はマザーズに多いですし、どっちかっていうとマザーズのほうがクソなイメージなんですけど。
僕は最近入った投資家なので、当時のことに詳しい方はコメントで教えてくれると本当に嬉しいです。

PS
2196エスクリも当時にIPOして中期経営計画と社長の大きな話をぶち上げれば、3000円くらいはいけたんじゃないかと妄想します。
決して4331のことではありません、断じてありませんからね。


author:ダル♪, category:銘柄選択, 14:41
comments(4), trackbacks(0), - -
遠藤製作所
受注をまとめたので一部公開。



H21-1Q H21-2Q H21-3Q H21-4Q H22-1Q H22-2Q
ゴルフ 売上高 -4 1563 2535 2904 2193 1865

営業利益 -31 -256 342 276 184 -128

受注額 1286 2815 2804 1981 2218 3849

受注残高 1290 2542 2811 1888 1913 3897
ステンレス 売上高 92 372 369 342 336 301

営業利益 -60 -25 84 108 87 58

受注額 206 387 375 325 359 236

受注残高 114 129 135 118 141 76
自動車 売上高 244 814 1028 1227 1357 1346

営業利益 26 33 121 258 206 218

受注額 537 817 1142 1234 1365 1418

受注残高 293 296 410 417 425 497

エクセルの関係で21年1Qの数字はまったく関係ないものです。

こうしてみるとなかなか順調なんですよね。
ただし、ステンレスがどうなってるんだか。
ウェイトとしては圧倒的にゴルフなので、これなら業績う予想通りいけるのでは?と思います。
author:ダル♪, category:銘柄選択, 11:09
comments(0), trackbacks(0), - -
PF2
 DVx
1000円のときからずっと持ってる銘柄、一時期3000円まで行きましたがいまや2000円割れ。
1Qは訳あり悪かったですが、2Qで理由は解凍。
価格改定は結局普通にこなしていて、何のことなく増収増益。
ダメだったのは、イスラエルのベンチャー特損ですね。
せめて人工血管がうまくいけば、来期は楽しみなんですがね〜。
今期は経常までは上方修正濃厚だと思うんですが、下方修正だろと思ってる人が多いしチャンスなんですよね。
聞いておきたいこととしては、M&Aしたところがうまく行ってるか?くらいですかね。
一応、円高銘柄かしらね?

DVx社の本を読んでると、社長、社員、社の考え方が他の医療機器卸会社とは違うし、
(医療への貢献第一、金儲け第二を行動できていて、それが医師の信頼につながっている)
競争力が高いと思うんですよ。
なんだかんだいって、15〜20%成長してますし。

エスクリ


author:ダル♪, category:銘柄選択, 23:09
comments(0), trackbacks(0), - -
PF1
今日は持ち株について。
考え直してPFの見直しを。

3085アークランドサービス
こうも動きがないと売りたくなるのではないか?
正直僕は売りたくなっている、ほかに移りたくなる。
それこそが株式市場の孔明の罠である。
順調に推移し株価が動かない。
ここを待てるかが長期投資の肝心だと思ってます。

動きとしては、
大阪でさととの提携、関西展開加速
加盟開発部設立、増員…FC展開を強化していく模様、新規契約も取れている模様。

コスト削減として、食材のみならず賃料削減。
怖いわこの会社、絶対取引したくないw
株主と客して以外かかわりたくないw
物流面でもコスト削減を進めている模様、多店舗展開への足がかりも出来ている。

既存店でのデリバリー、テイクアウト、ドライブスルー強化。
1店舗あたりの売上も高めていく考え。

鯛焼き屋もかつやだけでなくいろんな場所に広げていく模様。
少し失敗しそうな気がしなくもないですが、出店コスト小さいでしょうしリスクは低いでしょう。
(誰がまわしてるんだろう?バイト?社員じゃないだろうし、会社に聞く。)
なんだかんだ言って、人は甘いものが好きだから大丈夫な気がします。
甘いものって選択買いもありますけど、鯛焼きはどっちかっつうとその場にあっておいしそ〜って衝動買いだと思うのでね。

株価は動きがないんですが、水面下では大きく動いてるんですよね〜。
実質無借金、リスクが低く成果が出る取り組みを一つ一つ積み重ねていく。

成長速度はそんなに速くないんですが、需要は全国にあり足元を固めつつ確実に広がっていくと読んでます。
日本人は安全な資産が好きなはずなんですが、こと投資においてはリスク取るのがお好きなようで。
怪しい言い方をすれば、ここは持っとけばほぼ確実に儲かる銘柄だと僕は思いますけどね。
積み立て感覚で安いときに株数増やしていく感じで行こうと思います。

懸念としては、
来期予想&資産除却債務&5月あたりの月次の反動。
全部『見栄え』の問題で本質的なものではないですけどね。

3366一六堂
ひどい株価&チャート、そして含み損w
僕はここにこだわり過ぎているのかもしれない。
人は、今までそこまで賭けたものが惜しくて金を失う。という。
ここで負けているからこそ、ここで勝ちたいのかもしれない!
そしてどつぼにはまって死んでいく?

とはいえ、ダメと思ったらはちゃんと切ってるからね〜。
ダイヤモンドダイニング、ゴルフドゥ、ペーパーボーイ(相対的)などなど。

今期業績は、
客単価2000円台の居酒屋の台頭(三光マーケティングフーズなど)、猛暑でぼっこぼこ。
報告書を読むと、五大陸など通常の居酒屋クラスの客単価業態ともつ鍋業態ひどす!!
(ここに限らず、鍋業態って夏は違うことやったらいいのにって思うんですがどうなんでしょうかね)
下期の予想はちょっと強気な気がする、もう一回下方修正があってもおかしくないですね。

よく言われるのが、セントレ(笑)
東マじゃなくてこっちに上がったのは何かあるの?って良く言われる。
聞いておきたい。

それでも自信持てるのは、主力の八吉や六角が既存店100%で推移しているということですね。
特に八吉業態は10年近くやっていて、既存店は多少落ち込みながらもおおむね安定してるんですね。
流行り廃りには影響されにくいと思うし、簡単に真似できる業態でもないと思うのでね。

過去に懸念に思ってた出店余地は、なんと海外へ。
(国内でも関西とかありますけど。)
海外で八吉やるとめちゃくちゃ流行ると思うんですよ。
FCの香港1号店は流行っていて2号店を出すという記事も出てましたし。
直営はFCで様子見てから出すとのことですが、まぁ聞いてみましょうかね。
どこでも海外進出は現地のギャップの問題(文化や法律の違い)があると思うんですよね。

ライバルといえば、大戸屋か個人の日本料理店かと思いますが、
前者は価格帯が違いますし、
後者とは、魚の調達力(鮮度的にも値段的にも)で圧倒的に差別化できますから。
一六堂の作り上げた流通ルートは本当に凄いと思います。
既に地盤もありますし、需要もあるでしょうから、後は時が解決するでしょう。

かつやに関しても、需要がある商品で競争力も高く市場も全国にあるから時と共に広がっていくという単純な発想ですが、それと似た感じですね。
昔は米国内にしかなかったマクドナルドや日本中心のセブンイレブンが世界中に広がってるのと似た発想です。さすがに比べるのはおこがましいですが。

需要ある商品+競争力+市場余地が勝利の方程式かと思うんですよ。





author:ダル♪, category:銘柄選択, 22:53
comments(0), trackbacks(0), - -
景気循環株
景気循環株を毎年増収増益をつづける成長株とは異なる。
勘違いするとさわかみの二の舞だ。
いつ景気が反転するかなんて絶対わからんし、反転したら一番株価が下がるのが景気循環株だ。
author:ダル♪, category:銘柄選択, 00:21
comments(0), trackbacks(0), - -
手のひらくるくるっだぜ
日本W杯予選突破!!
おめでとうございまりさだぜだぜぃ~!!
いえ~い!!

選手や関わる人々の喜びを想像すると頬が緩みますよね~、うーん嬉しいっ!!

~~以下本題

岡田監督を持ち上げるムードになりそうですな~☆
マスゴミ&一部の人は辞任しろとまで言ってたのにねw
手の平を360度ひっくり返しちゃったよw
日本代表が初勝利を収めた後、定食屋でテレビを見たときのマスゴミの態度には
失笑とおぞましさしか感じなかったけど、しばらくはそうなりそうだね。

ティッカーJAPAN、(株)岡田はたたき売られたものの
初勝利でストップ高、予選突破で大幅高ですなw
今度は期待が高まっていて決勝の一回戦で敗退とかなったらストップ安とかなりそうですねw

現実の株もこんなもんだなと!
目線が短期的
一つの要素ばかり重視する
だから、評価がコロコロ変わる

ツイッター&ヤフー&ブログの某株の話はおぞましいというか、流されてしまいそうになるというか。
まさに短期的&一面的ですな。
長期的目線で判断しましょうよと。

ちょっと距離をおくと凝り固まってるのがよくわかるんですよね‥。
自分がそういう投資家なのでほんと気をつけないとリターンを毀損してしまいそう。


author:ダル♪, category:銘柄選択, 08:15
comments(3), trackbacks(0), - -
インデックス投資と個別株投資
 これでこのシリーズは最後です。

〇価総額加重平均インデックスhttp://daru1986.jugem.jp/?eid=240#comments
高配当インデックスhttp://daru1986.jugem.jp/?eid=241#comments
9餾殕ノ紐ETF及び国際優良株http://daru1986.jugem.jp/?eid=245#comments

前回の結論は、僕が投資を始める3ヶ月前の話です。
コカコーラとか買って放っておいたらええやん♪という結論に達していました。
このあたりの企業は景気に関係なくEPSが確実に伸びて、それが利益に反映されていくでしょうと。
それで実際の投資に向けて、海外の証券会社や送金方法や税金のことなどを勉強しておりました。

が、人生ってわからんもんですね。
出会っちゃったんですよね!!

かつや&DVxに。

コカコーラなどの国際優良企業のPERは当時15倍くらいでしたけど、
この二つの会社は無借金で増収増益を続けているにもかかわらず収益PER5倍台でしたからね。

安い、安すぎる!
しかもコカコーラは収益が2倍3倍とかなさそうだけど、
かつやなんて、5倍くらいは出店余地がある。
DVxはよくわからんけど、20年以上増収増益している。

あまりの感動にビリビリしびれましたよ!!
運命の出会いって奴でしたね。


今までの3回の流れは、
.ぅ鵐妊奪ス投資の根拠は、
世界経済は長期的に右肩上がりで、それに連動しインデックスも伸びる!
高配当インデックスでインデックス投資を上回る!
コカコーラなどの景気に左右されない優良株で右肩上がりの成長を享受する。
といった感じでしたが、

いつや、DVxなどの右肩上がりの収益の成長に乗る。

という結論になって今に至っています。

まぁ、根本的なところは同じなんですよね!

短期的な株価の変動は読めないけど、
長期的に投資企業の収益は伸びて、株価も右肩上がりになるぜ☆

という根拠の元での投資です。


ただ、
(株価指数が織り込んでる以上の)世界経済の成長よりも、
かつやが成長すること
の方が確実に思えたのです。


素人レベルでも理解できて、
数年は10%成長を続けるであろうという優良銘柄は、
新興市場にPER10倍以下でゴロゴロしています。

それでも、何が入っているかわからないインデックスの方が魅力的でしょうか?

僕の結論はかつやです!(キリッ

author:ダル♪, category:銘柄選択, 21:44
comments(0), trackbacks(0), - -
インデックス投資と個別株投資
 前回紹介した高配当インデックスですが、高配当株が多いセクターは金融セクターや通信セクターが多いため、サブプライム問題でボッコボコにされてしまいました。

金融株狙い撃ちのひどい環境下でもインデックスを若干下回る程度なので、
http://www.wisdomtree.com/etfs/index-details.asp?IndexID=83
ずっと持ってればバリュー効果が働いてインデックスを上回るんでしょうけど、
高配当インデックス構成銘柄って名前も聞いたことない会社で占めれれているので

『やっぱ何に投資してるのか分からないのは怖い!!』

というインデックス投資を根本から否定する結論に達してしまいました(笑)


んでまぁジェレミー・シーゲルさんの主張に、
生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、エネルギーセクターは他のセクターを上回るというデータがあったので、
(設備投資が少ない、キャッシュカウな銘柄が多いのが要因だと思う)
セクターETFに興味を持ちました。

中でも生活必需品セクターETFの
S&P Global Consumer Staples Sector Index Fund  (KXI)
http://us.ishares.com/product_info/fund/overview/KXI.htm
は、
P&G、ネスレ、コカコーラ、ウォルマート、ペプシコ、フィリップモリス(煙草のマルボロ)
などなど、誰もが知ってるブランドを持つ企業で構成されていて、

これでいんじゃね!?という結論に達しました。

つづく

PS,
J&Jとか米国個別株も少し足そうと思ってました。
author:ダル♪, category:銘柄選択, 23:22
comments(0), trackbacks(0), - -