RSS | ATOM | SEARCH
4809パラカ売りました。(追記アリ)
全株売りました。
理由は、自分の予想が外れていたからです。
買い煽りをした以上、言うべきかなと思ったので一応言っておきます。

追記
ホルダーさんにとって悪いことを書くと気分が悪いかなぁと思って抽象的に書いたのですが、
聞かれることが多いのでもう少し具体的に書きます。
売った理由は第1四半期決算を受けて、駐車場の純増数が僕の予想ストーリー(純増750〜1000件)とは圧倒的に異なっていたからです。
買った時の記事に書いていたかと思うのですが、
昨年度は数字が悪いにもかかわらず開拓数が過去最高を更新していた。ことが投資の理由です。
さらに9月に仙台営業所を開設し、四季報にも開拓が好調で4000件が目標と書かれていた。
ここまで完璧に読み通りでした。
そして満を持して迎えた1/31の第1四半期決算は僕のストーリーを大きく裏切るものでした。
見た瞬間に売ろうと決断しました。

もちろんそれを売る前に言うことはできません。

売ってから言うかどうかは正直悩みました。
既存駐車場の稼働率は向上していて収益性は良くなっている。
上方修正も濃厚であり、異なる側面から見れば決して悪くはない。
ただ僕に合わないというそれだけなのに、市場の雰囲気を悪くしてしまってはと思った。

しかし自己満足かも知れないけど、一人のブログ書きとして誠実でありたいと思った。
買いだといった以上、僕が売りだと思ったなら伝えられるタイミングで伝えようと思った。

後は、さくらといいパラカといいすぐにぶん投げすぎじゃね?
と言われたのですが、
企業の未来予想図を描きそれにお金を投じる投資家である以上、
それが狂った時に投げるのは当然の行為だと思っています。

長期投資はただ漫然と持ち続けるものではないと思います。
今日はA社が買いだと思うからホールドする。
明日もA社が買いだと思うからホールドする。
明後日もA社が買いだと思うからホールドする。
この連続が結果として長期投資なのだと思っています。
買いじゃないと思ったのでホールドせず売った。

以上が僕が4809パラカを売った理由です。
投資は自己責任でお願いします。
































author:ダル♪, category:パラカ, 01:26
comments(2), trackbacks(0), - -
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さんという本をご存知だろうか。

この本の内容を要約すると、
収入ー支出=キャッシュ・フロー
そのキャッシュ・フローを元に資産(=キャッシュ・フローを産むもの)を買い、
それで得たキャッシュ・フローを再投資してキャッシュ・フローを増やす。
キャッシュ・フローが支出を上回った時、ラットレース(給料で生活する人生)から上がりというものだ。

これを地で行っているのが、4809パラカだと思う。
しかも自分の土地のみならず、
他人の土地を借り、それを個人に貸すというまさに右から左に受け流すだけでお金を得ている。
それで得たお金で土地を買って、更にキャッシュ・フローを増やす。
土地を買うにしても、長期低金利でお金を借りて、高利益率で回している。
実においしい商売である。
author:ダル♪, category:パラカ, 00:46
comments(0), trackbacks(0), - -
良いパーク(4809)パラカ
さくらインターネットの記事に静かな反響を頂いたので、買い煽りシリーズ第二弾を行います。
あぁ、買い煽りなんてろくなことないのに何度同じ事を繰り返すんだ俺は…。
投資は自己責任でお願いします。

この銘柄を知ったのは、僕が尊敬している投資家さんエナフンさんがきっかけです。

ひとことで言えばコインパーキングを運用している企業です。
詳しい解説はネタ元のエナフンさんにお任せしますw
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-673.html

そしてエナフンさんの目論見は当たります。

エナフンさんの梨の木、パラカ好決算
http://enafun.blog21.fc2.com/blog-entry-676.html
確かに好決算だ、しかし…。
僕は当時この記事を見た時、違和感を覚えました。
売上+11.2%、純利益60.1%。
確かに凄いけど、これが続くのか?
売上と純利益のグラフにしても、利益だけが先行しているような気がする。
その安いといっているPERは60.1%も増益した純利益とEPSに対してついてるんだよ。
と思いました。
確かにビジネスモデルが面白い、いやつまらない会社だ。
つまらないけど、同じ勝ちパターンを繰り返せる会社。
しかし、ここで買っては利益率の高値掴みで一番美味しいところは掴めないと。
どこかで成長が鈍化し利益率が下がるような都合の良いことがあれば…。

そう思って、パラカが僕の株価ボードに入って1年以上が過ぎ、
東日本大震災が起こりました。
最大のピンチであり最大のチャンスに、僕はダメージだけを受け、
呆然としているうちにいくつものチャンスを逃してしまいました。

そんな中、パラカは僕と同じ歩みでした。
そしてパラカは中間下方修正を出しました。
震災の影響で、東北の駐車場に全く車が止まらなくなったからです。

まだこの銘柄には手を出せません。
震災の影響がわかりませんし、どうせ今期の決算は悪くなる。
そんな銘柄誰も手を出さない、買っても時間の無駄であほらしいです。

そして、3Qを見て確信しました。
あぁ震災の影響はすっかりなくなったんだな!と。
そして決算短信を見て成長性に驚きました。

来期の成長は確信できる。
なのに数字はコレだ。
http://www.paraca.co.jp/ir/pdf/20111101_ir_news_01.pdf
売上ほぼ横ばいで減益決算というバリュー株にしか見えないですね。
株価もすっかり絶望おる。

今だ!僕はここで出動しました。
そのわけをこれから話そうと思います。



パラカのビジネスモデルは、ストック型モデルです。
今ある駐車場に加えて、
新しく買った保有駐車場
新しく契約した賃借駐車場が積み上がり、成長していくモデルです。
その年に積み上げた分が、その年に一部寄与し、次の年にフル寄与する。



当たり前の話ですが、
いっぱい開拓すれば、いっぱい成長します。
いっぱい開拓するには、優秀な営業員がいっぱい必要です。
そこで、パラカは積極的拡大に打ってでました。
営業員を増やし、営業所を増やし、新規開拓を増やそうとしたのです。

しかし、拡大の初年度は美味しくありません。
なぜなら人件費や営業所の販管費といった費用はしっかり増えますが、
新規開拓の成果はすぐに出ないからです。
もともと昨年はそういう意味で成長の踊り場の年だったのです。
更に一昨年の決算であまりに利益率が上がりすぎたために、
その反動も考えられました。
だからPERが低いからといって買おうという気にはならなかったのです。
その踊り場の年に東日本大震災という追い打ちが入りました。
その結果が前期の決算の数字なのです。
それでも横ばいを保つのは流石ストック型モデルといったところです。

さらに3.11で株価は窓を開けて大暴落し、
絶望に落ちたあと、更に酷い無関心の境地まで落ちました。



数字は悪いけれど、しっかり手は打っていました。
過去最高の1916件(7998⇒9898車室へなんと24%増)もの新規開拓(-解約を含む数字)を行なっていたのです。
震災の影響で、2〜3Qは既存地主のフォローで営業どころじゃなかったでしょう。
震災が落ち着いた4Q単独で見れば、769件もの純増となっているのです。
3000件以上ものペースなんですね。
しかも、営業員、営業所はどんどん増やしていく方針なので、
新規開拓速度=成長スピードはますます加速していくことでしょう。

その隣を見ていただくと、一昨年は新規開拓が昨年の半分以下だったのです。
いくら絶好調でも、次の年への手は打てていなかった。
しつこいですが、昨年は踊り場になるのは必然だったのです。



実はパラカは地主から土地を借りて駐車場を運営する賃借駐車場のみならず、
自社で土地を買って運営する保有駐車場もあります。
保有駐車場は数年前は毎月のように買いまくっていたようですが、
ここ2年は1件ずつしか買っておらずほぼ横ばいです。

駐車場購入のプレスリリース
http://www.paraca.co.jp/ir/press.html

それを今年は買うとかほのめかしちゃってますね。
保有駐車場は、地主に地代を払わなくてよいので利益率がめっちゃ高いです。
ということは、利益率が上がることも期待できますね。

コインパーキング業界で駐車場を多く自社保有しているのはパラカくらいなのですが、
それはパラカなりの戦略があるようですね。
そのあたりは決算説明資料を見てみてください。

いかがでしょうか?
地味なビジネスモデル
地味な決算
地味な業績予想
地味な株価推移
パッと見ではわからない成長性を秘めています。

そんな株が保守予想PER5倍を割る63000円!
市場はあまりにも間違っていないでしょうか?

PS
服買うならおしゃれでかっこいいもの買えばいいと思うけど、
株はやっぱり違うと思うんだ。
クレヨンで說明できるわかりやすい企業に投資することって大事だと思う。
知ったかぶりで売買していると、いつのまにか自分が売買しているのか
市場に売買させられているのかわからなくなってしまうから。
俺はそれで幾度と無く失敗しているから。
自分が主体性を保つには、自分が真に納得して投資することが必要だし、
自分が理解できていれば、
株価が軟調でも持っていられるし、
暴落したら買い向かえるし、
企業に投資する際に一番大事な握力を保つことが出来ると思う。
author:ダル♪, category:パラカ, 16:04
comments(2), trackbacks(0), - -