RSS | ATOM | SEARCH
数%
勝つか負けるか、それは所詮数%の差ではないかと思う。
試験の合否を決めるのはほんの数%だったりする。
A社とB社が同じものを作っていて原価率が数%違うだけで、決定的な差になる。

苦しくなったとき、後数%深く潜ることができたなら。
author:ダル♪, category:人生の真理, 00:53
comments(0), trackbacks(0), - -
本業
兼業投資家・専業投資家の価値観や投資スタンスの違い。
投資で資産を気づいてアーリーリタイア云々

こういった話題は尽きません。

そこで、兼業投資家として、
仕事をしていることのメリット・デメリットを自分なりに上げてみようかなと思います。
あくまで僕の環境、価値観ですのでご注意を。
会社の人にこのブログバレてるのでやばくない範囲で書きます。


デメリット
○自由がない
一日の大半を拘束される。

『お金という軸を抜きにして』
よっぽどアレな仕事でなければ、仕事を通して人のために何かをする時間があるのは、健全なことだとは思います。
が、1日の大半をそうやって過ごすのは不健全だと思います。
同じ事ばっかりやってるのは辛いですしね。

○健康を失う。
働き過ぎや寝不足で疲れていても休めないし、ストレスだって過剰にかかるし、絶対体に良くない。
病気の原因って『ストレス』だからね。
生活習慣病とか言われてるけど、
ストレス溜まると甘いモノとか脂っぽいモノや塩辛いものが欲しくなるのですよ。

○自分に嘘をついて生きる。
『△△部長うぜーよな。』
△△部長登場…
声のトーンが1オクターブ上がる
『△△部長、おはようございます!』
みたいなw
おすすめでも何でもない商品を、おすすめするのとか辛いよねw

サラリーマンのストレスの源のひとつってこれだと思いますねw
もうひとつは、長時間同じ事をすること。


メリット
○安定的にお金が入ってくる。
本当に大きいですね。これによってリスク許容度が高まります。
専業の人ができない投資案件を取れますね。
心理的にも楽だと思います。

一方で、投資案件機会においては専業投資家さんの方が圧倒的に上で常に値動きを見て動けるのは大きいなぁと思います。

○成長できる
仕事で壁にぶつかると、必ず向き合わなければなりません。
これが趣味だったらやーめたで済むのですが、
仕事はそうは行きません、壁と向き合って超えるか、それとも辞めるかどっちかです。
強制的に試練と対峙することで人間として成長できるのかなぁと思います。

これは専業投資家さんでも同様だと思うのでなんとも言えないですね。
専業投資家さんは、投資=仕事なので、強制的に毎日試練と対峙して仕事してますもんね。
むしろ、サラリーマンの本業の試練より、専業投資家の本業の試練のほうがずっと厳しいですよね多分…。
兼業は所詮兼業だからとか、逃げが効きますから…
採算がとれてないのに部分的に趣味やこだわりが入ってしまったりする方もいるような気がします。


まとめ
やはり一生仕事をするのはありえないなぁと思います。
が、仕事は人の役に立つことでやりがいを感じることができるし、
組織に属することで学べることもたくさんあります。
ですので、サラリーマンのうちに経験できることをしっかり経験して、
投資で成功を収め、
今より自由度の高い生き方を出来ればなぁと思います。




author:ダル♪, category:人生の真理, 23:49
comments(0), trackbacks(0), - -
7つの習慣1
 このまえ、『7つの習慣』という本が話題に出たので、自分が持っている7つの習慣の単行本版みたいなのを読み返して見ました。
 
 7つの習慣のうち7つとも大事だと思うんですが、とりわけ自分が直近意識しているのが、
第一の習慣『主体性を発揮する』というやつですね。
関心の輪(自分が関心のある範囲)と影響の輪(関心があることのうち、自分が影響力を発揮できる範囲)というのがあって、
そのうち、影響の輪に集中しましょうと。

普通に日本語で言えば、
自分にとってどうしようもないことに腹をたてたりしてもしょうがなくて、
自分ができることをやろうと。

僕はdis癖があるんですけど、
人を悪く言ったりしてもなんにも変わらないんですよね。
そしてなにも変わらないことに力を注いでもエネルギーの無駄なんですよね。

結局自分がどうしたくてどうなりたいか、そのためになにをすればいいか?
それが全てなんですよ。

そう思うと、物事に腹をたてることはほぼなくなりました。

株で言えば、開示を見る目的は、開示をみてどうやって儲けにつなげていくかってことですから、
そこに集中するべきですね。
開示見てから、月曜いくらまでなら買ってもいいとかね。

とまとまってないですが、
7つの習慣『習慣を変えればうまくいく』
http://www.amazon.co.jp/%E7%BF%92%E6%85%A3%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3/dp/4903284832/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1327722629&sr=1-2

原書は分厚くて読むのが大変そうですし、
手軽にエッセンスをつかむには
おすすめです!

author:ダル♪, category:人生の真理, 12:44
comments(0), trackbacks(0), - -
3月のライオン
 を読んだ。
何度も何度も涙が出た。
何が正しいのかよくわからんけど、みんなアツい。
負けると悔しくて、勝つために必死になるんだ。
そんなアツさが自分にも欲しいと思った。

何が正しいかわからないけど、
振り返った時、
自分が逃げなかったって思いたい。
過去の自分を誇りに思えるように生きたい。
そう思った。

一方で、
過去の逃げた自分は悔やみたくない。
心のなかで逃げまいと必死で戦ったけど逃げてしまうことだってある。
それはそれでその時のベストを尽くしたんだと思う。

ただ、
アツくなって、
勝ったら心からうおー!って喜んで、また勝ちたいって思う。
負けたらもうすべてが嫌になるくらい悔しがって、こんどこそ勝ちたいって思う。
日々のひとつひとつのことに対してそんなふうに生きたい。
そう思わせてくれた漫画でした。

ひなたちゃんの私は間違ってない!
って涙を流したあの顔が焼き付いて忘れられない。
そんな顔をしたい。

なんもしねーで淀んで腐ってんじゃねーよ。自分よ。ダル♪よ。
アツくなれよ!


PS
ゲオのレンタル漫画を立ち読みしながら泣いていたキモイ男が僕です。
特定しないでくださいね。

author:ダル♪, category:人生の真理, 22:53
comments(0), trackbacks(0), - -
クソ株ランキング2010を見て。

ニコニコ動画


夢中で食い入る様に見た。
面白かった、すげぇ、などという言葉では表せない。
ただモニターから目を離せなかった。

流れるクラシックが動画の内容とフィットしていて、
右脳と左脳両方に響いてくる。
当時の記憶を再現してくれる。


株式市場部分において、ものすごく多くのことをを本質的に知っている。

でも、クソ株ランキング2009と2010を僕の中では全然違った。
2007と2008はなんだかよくわからないけど面白かった。
2009は僕の投資デビューの年で、まだあまり何もわかっていなかったし、
動画も一年を振り返る観客の気持ちで見ていた。
でも2010は違う、もう初心者という逃げ道も許されないそんな年だった。
僕と五月さん、全く同じ相場を見ていたはずなのに…。
自分の2010と五月さんの2010があまりに違いすぎる。

その差を感じさせられた。

でも絶望という感情はかけらもない。
僕は五月さんが人々を夢中にさせる動画を作れたり、
株式投資で一財産作れるほど儲かるのは当然だと思っている。
絶望したり嫉妬したりするのは、失礼であると無意識から思っている。
そんな気持ちは努力の継続への冒涜ではないか。
五月さんはいつだって株式市場に対して真摯だから。

毎日毎日、相場が晴れていても大嵐の日でも、
日本経済新聞、日本産業新聞、日本流通新聞などを読みあさり、
適時開示を全て読んでいる。
なにより精神面がめちゃくちゃ自分に厳しい。

フェローテックの件については、僕は大勢とは全く違う見方をしている。
買い煽りの記事は、僕は素晴らしいと思っている。
シナジーマーケティング買いの根拠とフェローテック買いの根拠は本質的に変わりないと思っている。
どちらも、『企業』を分析して買っているのではなく、
皆が欲しがるであろう『株券』を先回りして買っているだけなのだ。
結果が大当たりと大外れだっただけなのだ。
そしてフェローテックは、失敗の兆候が薄ら見えてきた時に、
買いの根拠が消えつつあった時に、クローズした。
それは、お金をできるだけ減らさずにできるだけ増やすことを目的である投資家として、
最も本領を発揮した瞬間だったのではないかと思う。
1勝1敗だったにもかかわらず、結果は大成功だったのではないか。

五月さんは投資家として自分に厳しく株式市場に対して真摯的。
愚痴をいうことはあっても決して心の底から人のせいにしたりはしない。
五月さんのみならず、投資の世界のみならず、僕の働く会社の中でさえ、
成功している、尊敬の意を送りたい気持ちになる人は、
みんな自分に厳しく、起こる物事に紳士的だ。

僕と五月さんにある『違い』は上げ切れないけど、
僕が思うのは、
○自分への厳しさ、真摯さ
○蓄積、継続
の2点だと思う。

僕はただ自分に甘い。
楽しい時は頑張れるけど、苦しくなると逃げてしまう。
だから、凡人の範囲から抜け出せないのだと思う。
その結果が今なのだ。
振り返れば、僕が人生で失敗したことのほぼ全ては、
自分への甘さ、妥協、苦しいことから逃げて生じたものだ。
自分に甘くしているつもりが、かえって自分に厳しくしてしまっている。

その事に気づいた、気づいただけだけど。
クソ株ランキング2010を見てのダル♪の感想である。

PS、
補足すると
もう2011も終わろうかというこんな時期になってでも、
クソ株ランキング2010をうpしたことこそに、
五月さんの継続的努力、厳しさ真摯さを感じさせられた。
内容に妥協のかけらもなく、クオリティは今年も新高値を更新していた。
音楽のセンス
動画の構成
複雑な物事を簡潔に面白く表現する力
(誰よりも株式市場を理解しているから、簡潔に表現できている)
タイトルのセンス
自重気味ながら自然に織りまぜているオタクネタ
クソ株ランキング2010、夢中で見たよ、ありがとう。

author:ダル♪, category:人生の真理, 13:35
comments(0), trackbacks(0), - -
感謝と希望と幸せと。
今の日本って老人天国ですよね。
老人は若者から絞りとり、
未来を犠牲にして生きている。
そのくせして、TVを見ながらぼーっとして、
生きているのか死んでいるのかよくわからない人生を送っている人が多いように思える。
さんざん人から希望とも言える金を奪っといて、そんな生き方されたらたまらんわーと。

でもそれはひとつ次元を上げてみれば、
人間という種族そのものが自分自身がそうじゃないなぁって。
地球上に多大なる負担を与えて生きているくせに、
本当にそれに応えるだけ幸せに生きてるのかよってね。

自然の流れで老人は死ぬし、人間は絶滅すると思うけど、
そしてそれまで負担をかけ続けるけど、
そのこと自体はどうしようもない。

だけど、負担をかけている他の生物に応えるためにも、
僕は地球に宇宙に感謝して生きたいし、
いつだって幸せを追い求めないとなぁ。
なんて思っただけです。

−の気持ちになることは今までもこれからも数えきれないくらいあると思うけど、
そんなときでももう一度、何度でも感謝と希望を持って幸せを追い求めて生きたいなぁ。
って思っただけです。

author:ダル♪, category:人生の真理, 06:51
comments(0), trackbacks(0), - -
2つの喜び楽しみ嬉しさ
昨日、会社が扱っている田んぼの脱穀を手伝いに行って来ました。
天日干しされた稲を機械に入れると、米とその他の部分に分かれるので、
その他の部分を自然に返すために、切ってから田んぼにばらまく感じの作業をしてたんですよね。
自分らしくないなぁと思いつつ、一番大変なひたすら切りまくる作業を率先してやってました。
(いつもは大変なことは人に押し付ける性格なので、本当に不思議だった)

んで、自分たちが借りてた田んぼが終わって、
オーナーの人たちはオーナーさん自身の隣の畑やるんだけど
良かったら手伝って?
って言ったけど、やっぱみんな疲れるから帰ろうかなぁムードだったんですよねー。
自分が黙って手伝ってると、いつの間にかみんな手伝い始めてくれてて、
なんか凄く感動しました。
なんというか凄く充実したんですよね。
自然の中で、汗を流してとても満身創痍に疲れて筋肉痛だったけど凄く気持ちよかった。
物理的には、別に何も得てないどころか時間もお金も体力的にも−なわけですが、
すごく良い1日だった。


〜〜
興奮したを英語にすると、
I am excited〜
ってなるんです。
つまり受身形なんですよね。
僕はオタクなので、アニメみたりしてると幸せなんですけど、
I am excited by the anime.
それはアニメに楽しませてもらってて受身なんですよね。
(もちろんそれもサイコーなんですけどね。)

でも昨日の楽しさっていうのは、なんというか能動的な楽しさだったんですよ。
I am excitingだったんですよね。(文法的にはおかしいですけど)
自分で体や頭を動かして何かを得る喜びってのはたまらないなぁと思ったわけです。

author:ダル♪, category:人生の真理, 21:08
comments(0), trackbacks(0), - -
2千円は20万円の100分の1!!
ラブボディakiをニュータイプにするため、初々しい妹っていうオナホールを買おうかどうか真剣に悩んでるんですけど、
amazonで2780円もするんですね〜。

まぁサラリーマンでそれなりに収入あるので、
2780円くらいぽんと出そうと思えば余裕のよっちゃんイカなんですけど、
2780円ってかなり大金だと思うんですよ。
給料って普通10万〜50万くらいだと思うんですけど、
その100分の1が1000円〜5000円ですからね。

給料の100分の1って大きいぜ。
生活資源の1%をそれに使うわけですからね。

まぁオナホールって長く使うものなのでいいかな〜と思ってみたりはしてますが。

PS
自分の家計も企業のように考えたいですね。
収入を増やすの難しいから、少ないコストで高いリターンを目指さないと。
author:ダル♪, category:人生の真理, 21:14
comments(0), trackbacks(0), - -
トライ&エラー
 駄目なことを繰り返してしまうことがある。
一日中ツイッターで無為に過ごしてしまったり、
なんというかこれじゃ駄目って思ってることなのに無意識になぞってしまうことってある。

結局繰り返しから抜けるには、やり方を変えるしかないんだよな。
トライ&エラー、試行錯誤が一番なんだよな。
少しでも変えれば少しでも変わるわけで、その積み重ねが大きいんだよな。

後は、何が嫌なのか?なぜこうなるのか?どうすればいいのか?
現実に対して疑問を持って問いかけ続けるべきだよな。

株にしたって、1日じゃ大して変わってないけど、
この1年半で決算短信すらろくに読めなかった僕は、有価証券報告書をそこそこ読めるようになった。見る銘柄も100倍に増えた。
それは全て小さな積み重ねだんだよな。

小さいことを馬鹿にせずに、なぜ?と問いかけ、試行錯誤をすることを、続けていけたら
大きな力になるんだよな。
author:ダル♪, category:人生の真理, 06:54
comments(0), trackbacks(0), - -
その他大勢になるな!
株で勝つには、
やっぱり人がわかってないことを調べたり、人ができない局面で動いたり、人が動いてるところでじっと待ったり、
その他大勢と違うことができなきゃいけない。
その逆もまた真なりとはいえないんだけど、少なくとも一条件ではある。
だから、その他大勢がどう動くかというのは常に考えたい。
当然それだけでかてるわけないけど、基礎条件がそろってさえいれば有力である。

仕事にしたってそう。
誰でもできる仕事しか出来ない奴は、安い給料しかつかない。
だから、僕にしか出来ないスキルをつけなきゃいけない。

うまく書けんけど、人と同じではダメで、どこかで努力するか才能見せるかしないといけないのは確かだ。
人より多くやる。
人の出来ないことをやる。
人より上手にやる。
人がやらないことをやる。

株でも何でも成功してる人は、その他大勢とはみんな違うから。

author:ダル♪, category:人生の真理, 01:18
comments(0), trackbacks(0), - -