RSS | ATOM | SEARCH
忍者きたない製薬企業きたないコレステロールはきたなくない
 今日コレステロールの話題が出ていたので、自分の考えをまとめてみる。

よくコレステロールって悪者扱いされるけど、何者か知らない方は多い気がする。
大雑把で語弊があるように言うと、体の細胞を構成する成分の一つで、タンパク質が筋肉を作るのに必要なようにコレステロールも体を作るのに絶対必要なものです。
卵にコレステロールが多いのは、ヒヨコちゃんがこれから体を作るための栄養として必要だからです。



悪玉とか善玉とか言われているのは、
悪玉=LDL⇒肝臓から体の隅っこへコレステロールを運ぶ子
善玉=HDL⇒体の隅っこから肝臓へコレステロールを運ぶ子
で、どっちもだいじな子です。
HDLが少なすぎたりLDLが多くなると、隅っこにコレステロールが溜まって良くないですね。


コレステロールの薬は、90%以上スタチン系という部類の薬が使われています。
コレステロールが体の中で作られるのを抑える薬ですね。
強さ的には、クレストール>メバロチン>リピトールと言う感じかな。
スタチンにはコレステロールを下げるだけでなく、血管の錆びを抑える作用があることから、
心筋梗塞などを予防する効果があると言われています。
ローコールと言うコレステロールを下げる力が比較的弱い薬を、コレステロールはそんなに高くないけど、血圧血糖が高く心筋梗塞などのリスクが高い人に血管酸化抑制を狙って使われることもあります。作用が弱い失敗作をうまく利用した例ですね。

コレステロールのほとんどは体内で合成されているので、コレステロールカットとかの食品はあまり意味が無いと思いますね。
そんな加工食品取るより自然の食べ物を食べろと言いたいです。
まぁ、売れるから世の中に溢れるので仕方ないですが。

何か気をつけるとしたら、普通にバランスの取れた食事をするという正論に落ち着くと思うのです。
(ダイエットが食事と運動が大事なのと同じくらい正論だが人間なかなかできないよね)
後、食事から取る油の質を改善するのが良いかと。
外食の油なんて、肉が柔らかくなるようになる加工油が使われている上、使い回しで酸化しまくっていますから、普通に考えて体に悪いかと。
後、魚に多いn-3系脂肪酸と肉に多いn-6系脂肪酸のバランスが崩れると、
血管が錆びたり、一般的に言われる血液ドロドロ状態、それからアレルギーの原因になったりしますね。血流が悪くなるので、他にも多くの病気や不快な症状の原因になるかと思います。
n-3とn-6のバランスを取ると、HDLとLDLのバランスも整えられます。
今アレルギーの子が多いのは個人的に、加工食品の質の悪い油を取りすぎているからだと個人的には考えています。

ダル♪の今日の晩飯はカツ丼と唐揚げでした。




author:ダル♪, category:健康, 21:00
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:00
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/105