RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
雷鳴が轟くとき
自分は新興市場の銘柄に出会うまでは、インデックス投資をしようと思っていました。
より低コストな投資信託やETFを探し求め一時期はインデックスの世界で有名な梅屋敷さんのHPにも入り浸ってましたね。
ウォール街のランダムウォーカー、歯医者のゲームなど、株式投資『青』などインデックス本も一通り読んでいたりします。

いつのまにやら個別やってますが、個別株でもインデックスの考えって結構活かせるのかなと。
その一つが、常にフルインベストってとこですね。
インデックス投資って
|惨的にはいろいろあるけど長期的に右肩上がりのチャートを描くこと
株価の動きはランダムウォークなので読めない
ことを前提にしているので、1日でも長く資金を相場リスクに晒した方が、高いリターンを得られると言う考えです。
個別株でも,鯀按鵑箸靴凸段舛鯀んでますし、株価の動きなんて嫁そうで読めないので、
もうひとつ条件をつけて『今の株価が購入に値する値段』であれば、その場で買ってしまってもいいのではと思うんですよね。(インデックス投資はバリュエーションを計れません)

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3079.Q&ct=z&t=6m&q=c&l=on&z=n&p=m65,m130,s&a=v

上のおなじみの銘柄も10%以上大きく動いた日(いわゆる雷鳴が轟く日)は、恐らく10日前後しかなく、
その日に参加しようと思ったら、1日でも早く買って安値圏でのヨコヨコ(ひどい時は1ヶ月以上)にも耐え1日でも長くホールドするしかないわけですよね。




author:ダル♪, category:売買手法, 16:02
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:02
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/130