RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
イー・ギャランティ
イー・ギャランティの今期業績を(受注残高)で見てみる。
ある方のブログからパクったものですが、分析が1Qまでなので自分で考察。

イー・ギャランティの保証契約は基本的に1年契約。
受注した時点で前受金として1年分の保証料をを受け取り、順次売上に計上して行く方式。
だから本質的な業績を見るには、『受注残高から売上にいくら振替えたか?』ではなく『いくら受注したか?』ということになる。長い目でみりゃ一緒だけどね。
(厳密には、解約されるリスクもあるけど)

1Q 前受金変化 −150百万円 売上高750百万円
2Q 前受金変化 +150百万円 売上高781百万円

一見横ばいに見えるんですが、
1Qは売上750百万円のうち、150百万円は前期までの受注分を計上しただけで、実質受注額は600百万円。
2Qは売上781万円に加え、まだ計上していない受注分が150百万円あり、実質受注額は931百万円。

受注増減高で見ると2Qは1Qに比べ50%以上の増加をしており、
今期はPF入れ替えによる影響がある解約があるにもかかわらず、
前期4Q並の受注額(947百万円、某ブロガーさんより)近くまで回復しています。
(4Qは、3月という企業の期末を含んでいるため、受注が多くなるようです。パクリ情報ですが。)
提携先増効果が出てきているのではないでしょうか?
2Qまでの進捗率は50%ほどで、このまま推移すれば上方修正は確実ですね。


今期は合同会社によるファンドスキームといった種撒きもしており、
将来に向けて再委託先を広げる取り組みも十分です。

わかったような口を叩いていますが、
イーギャラのことはよくわかっておりません。
間違っている可能性大なので、指摘やご意見くだされば幸いです。

PS
イーギャラのリスク
◯イーギャラの説明資料では、まだまだ市場は広いみたいなこと言ってますけど、
そもそも保証が必要な債権がどれだけあるかも謎ですし、
イーギャラの強みを持って保証出来る債権はさらに限られていますし、
意外と飽和が近いかもしれない。
飽和されたら、財務優良とは言え只のクソ割高企業になってしまい暴落の憂き目は避けられんのでしっかりと注視して行きたい。

◯再委託先が顧客にイーギャラを紹介、イーギャラは中抜きして再委託先にリスク移転という部分は、
いくらイーギャラがマーケットメイカーとはいえ、『50%!!』も抜かれるくらいなら、再委託先がおいしい顧客は自分で受けてしまうことに繋がらんだろうかと思う。
そうならないあたり、銀行単独での保証は難しくイーギャラの情報網は強いんかな。
この企業の強みは外からはブラックボックスなので、非常に怖い。


author:ダル♪, category:イー・ギャランティ, 14:46
comments(2), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:46
-, -, - -
Comment
ファクタリングって基本儲からない事業だと
思うんですよ。

米CITも破綻しましたし、国内でファクタリング専業の上場企業って知らないし。

儲かる話にはどんどん首を突っ込むオリックスも
ここと事業提携する道を選びましたしね。

そんな中でユニークな仕組みを作り上げ、濡れ手に粟状態のイーギャラには、大変に魅力を感じてしまう。

ブラックボックスなお陰で、極端な高値にならないのもありがたい。

確かに怖い部分はありますけどね(笑)
ろくすけ, 2010/01/09 6:06 PM
ろくすけさん、どうもです。
監督の4番への信頼はさすがですね(笑)

>>ファクタリングって基本儲からない事業だと思うんですよ。

自分の身の丈以上の保証は、平時は良くても、予想外の何かあった時に厳しいのでしょうね。

国内上場では、フィデックという会社のビジネスモデル(経理合理化+買取ファクタリング)はなかなか面白いと思うんですけど、PFが建設、不動産関連に偏った結果、穴吹工務店の倒産にやられてるようです。

ファクタリング事業やるには、規模と分散、情報力がないと難しいんでしょうか。
そしてそれができるのがマーケットメイカーのイーギャラだけなんでしょうね。
ほんと、ユニークな仕組みですね。

株価が極端に上がりすぎないのはありがたいですね^^
業績と二人三脚で株価が上がってくれるのが一番気持ちいいです。

イーギャラへの怖さについては、理由が特段あるわけじゃないんですけど、こんなおいしい事業があっていいのか?なんか罠があるんじゃないか?この利益率を価格破壊されてしまうことはないのか?と常々思ってしまうんですよね。
ダル♪, 2010/01/09 9:43 PM









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/140