RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
インデックス投資と個別株投資
 前回紹介した高配当インデックスですが、高配当株が多いセクターは金融セクターや通信セクターが多いため、サブプライム問題でボッコボコにされてしまいました。

金融株狙い撃ちのひどい環境下でもインデックスを若干下回る程度なので、
http://www.wisdomtree.com/etfs/index-details.asp?IndexID=83
ずっと持ってればバリュー効果が働いてインデックスを上回るんでしょうけど、
高配当インデックス構成銘柄って名前も聞いたことない会社で占めれれているので

『やっぱ何に投資してるのか分からないのは怖い!!』

というインデックス投資を根本から否定する結論に達してしまいました(笑)


んでまぁジェレミー・シーゲルさんの主張に、
生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、エネルギーセクターは他のセクターを上回るというデータがあったので、
(設備投資が少ない、キャッシュカウな銘柄が多いのが要因だと思う)
セクターETFに興味を持ちました。

中でも生活必需品セクターETFの
S&P Global Consumer Staples Sector Index Fund  (KXI)
http://us.ishares.com/product_info/fund/overview/KXI.htm
は、
P&G、ネスレ、コカコーラ、ウォルマート、ペプシコ、フィリップモリス(煙草のマルボロ)
などなど、誰もが知ってるブランドを持つ企業で構成されていて、

これでいんじゃね!?という結論に達しました。

つづく

PS,
J&Jとか米国個別株も少し足そうと思ってました。
author:ダル♪, category:銘柄選択, 23:22
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:22
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/245