RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
一六堂…まとめ
ビジネスモデル
八吉、五大陸など、素材を活かした居酒屋を都市圏一等地に展開。
客単価は5000円ほど。
ターゲットは接待や中流以上のサラリーマン、普通に若者やカップルもいた。

前提
市場が日本を中心に世界の都市圏、現在は香港にFCで進出、シンガポールの出店を準備中(名証IRエキスポ資料より)
ただし買参権で食材を調達できる範囲に限られる、200店鋪を中期目標としている。

ライバル
居酒屋や高級料亭いわゆるレッドオーシャン、血の海

強み
素財…買参権を活かし、新鮮な魚を安く調達。調達漁港も広げているし、海外へのルートも確立。
人財…主観だが、人のレベルが非常に高い。休むときはしっかり休むなど、従業員を非常に大切にしていることが大きな要因と思われる。給与の平均も高く、日ごと、週ごと、月ごとの売上に基づくボーナスもある。
(どうせ頑張っても給料一緒やし…ってならへんからね。後、目標を達成するって気持ちイイと思う。
1リーマンの主観でありますが)
空間に関しては金かければどこでも真似できるので強みとは思えない。

主観だが、味とサービスに対するコストパフォーマンスは非常に良い。
自分が行ったときの周りにお客さんは多分ほぼ常連さん。

経営者及び経営方針
書くのめんどい、会社案内見ればだいたいわかるw
てか最初から会社案内見ればすべてわかるw
この記事に意味はないw

懸念
会社が大きくなっていくにつれ、人財のレベルを維持することが出来るかどうか?

author:ダル♪, category:株式投資(企業), 00:03
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:03
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/314