RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
回転売買
 一般的に、売買回数はあまり増やさない方が良いとされている。
理由は2つある。
.灰好函∪廼癲▲好廛譽奪匹かかる。
感情に流されやすくなる。
これらは基本的に正しい。
少し上がったくらいでいちいち利食いせずどっしり構えた方が、利益が取れる。
バイアンドホールドは税金の繰り延べもできる。

だが、例外もある。
それは、さきほどの2つの理由を超えるだけの回転売買のチャンスがあるときである。

A⇒Bに移ろうとしている時、通常はコストがかかるので避けたほうが良いが、
コストをかけてでも移った方がトクな場合は移るべきなのである。
当たり前といえば当たり前なんだよなこれは。

もしキャッシュを持っていたら、
Aという株をa(スプレッドの下の方)-税金売却手数料で買うか
Bという株をb(スプレッドの上の方)で買うか

それが回転売買を感情で行わないための基準であると思う。
author:ダル♪, category:売買手法, 13:03
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:03
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/34