RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
ダイヤモンドダイニング
 某ブログの記事に反響があったようで、ついでに僕も思うことを。

まず一時期の不動産流動化に似てる面があるなと。
崩れてみると、継続性のないダメビジネスだったと気付くあたり。

僕自身、人の面で不安があったのは前々から感じていたけど、
ビジネスモデルはなかなか良いと思ってたし。
それで40万割れは安すぎとかでちょっと遊んでしまって5万ほど損したしね。

一方で初期から参加して上手に売り抜けて金持ちになった人もたくさんいますから、
こういう銘柄が完全に悪とは言いがたいですね。
旬のうちだけ参加するというか。
それができりゃ世話ないので、僕は地味安定なのを中心に触りますけどね。
でもやっぱ流動性があったり盛り上がる性質のある株ってそれだけで得だなって思いますし、その辺難しいですね。

話を戻して
僕がDDに違和感を感じたのは、
既存店についてぜんぜん触れないこと。
3Q決算後にIRに既存店についてメールしたけど、無視されたこと。
山本勇太のブログからいろいろブラック臭。
その他いろいろでしたね。

ただ、現場を見て判断された黒色さんとはえらい違いです><
せめて、人事や採用を調べるくらいのことはすべきでした。

DD=新しいビジネスモデルを持った成長企業みたいなイメージついてましたから、
つい自分の考えもそっちに振れて流されかけるんですよね。

とかく投資家なんて偏った見方しますし、考えは間違ってることだらけだってことを
常に肝に銘じておかなければなりませんね。

後、違和感には素直になろうと思います。
投資する銘柄なんていっぱい選べますから、わざわざ違和感あるところを【ここは大丈夫】みたいに根拠なく言い聞かせて買うことはありません。

んで、黒色さんに同じくなのですが業績が悪くなったときの対策が幹部がハッパかけるとはもう完全に終わってると思います。
集客策なんかは、DDらしく型にこだわらないけど合理的で面白いんですけどね。
根本的なところを変えようとしない以上ダメですね。
企業体質は簡単には変わらんのでしょう。

くらとか王将とかかつやとかは、機械のようにマニュアルに沿って働くように教育すればいいと思うんですけどね。
コンビニ店員と同じで、心がこもってないけど元気ないらっしゃいませを言って後は決められたとおり動けばいいんです。
(100%そういうわけでなく、そういう傾向があるというだけです。
かつやの店員さんは僕が見る限りはとてもイキイキしてるように思うのですが、都心だと評判悪いようですし。まぁマニュアルどおり最低限やることやってりゃ致命的な問題にはならんと思います。)

でもダイヤモンドダイニングのようなモデルだと、社員さんが心からやる気になってくれないといけないと思うんですよ。
いくら上が言おうがそれは強制的にやらされてるだけで自発的な心がこもりませんからね。
そういうのはお客さん見破りますよ。
コンビニ店員のいらっしゃいませが心こもってないのなんてわかるでしょう、それと一緒です。
コンビニだとそのほうが客は気楽ですけど、お客様歓喜の店だとねぇ。

そこで一六堂って会社なんですよね。
この会社はめちゃめちゃ社員を大事にしてる。
仕事はめっちゃ厳しいみたいやけど、休みの日はしっかり休んでる。
日曜に本社に電話したら誰も出ないんですよw
給料もしっかり出してる。
大事にされてるから、社員さんも自然に会社を愛し頑張れるでしょう。
人財という言葉が口だけでないんですよね。
だから、食べログ見ても店員さんがイイってレビューは多いです。
僕も実際店行って実感しました。
本当の高級って、料理だけじゃなくて人が自発的にイキイキ働いてないと生まれないですからね。
一部業態で失敗しても人が根本なので大丈夫だと思ってますし、
海外でも通用すると思うんですよね。

エスクリはそのへんどうなのか気になります。
この企業の成功は会社が施設より人財だと言っているように、
人にかかってると思いますし妥協せずに徹底的に調べようと思います。
author:ダル♪, category:DD, 05:27
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:27
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/353