RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
【将棋】羽生VS中川【大逆転】

ニコニコ動画



将棋の内容もさることながら、
加藤一二三九段の名言?が数々飛び出すところが面白いです。
『あれれ?おかしいですね?おかしいですよ?』は将棋好きなら知らない人はいないでしょう(多分w
二人の勝負師に名解説が加わることによって、見ていて面白い名勝負が生まれると思うんですね。
さらに遊戯王のBGMと対局のストーリーがマッチする名編集により、将棋動画の中でも1、2を争う神動画になったのだと思います。



素人なりに将棋の内容について思うこと。

 9八角が凄い手だと言うコメントが多いのですが、
この手はアマチュアにも狙いがわかる分かりやすい手で大した手じゃないと思います。
むしろそこまでの布石が凄いのです。
 具体的にあげるならば、5九玉や7七桂です。
これらの手は直接の狙いが何もありません。
攻めるわけでもなく、守っているわけでもなりません。
むしろ相手の攻めを呼び込んでいるような手です。
 その先の9八角、いやそれよりはるか先の大逆転まですべて読みきっているからこそ、
指せるプロの1手だと思うのです。
相手の攻めを呼び込む代わりに、銀を2枚入手しいつのまにか逆転への布石を打っていたのです。
9八角から2六飛は、はるか前から打たれていた布石がアマチュアにもやっとわかるようになった瞬間だと思うのです。

また、この将棋は厳密に指せば逆転はありません。
最新のコンピューター相手なら、なすすべなくやられていたことでしょう。
しかしながら、随所随所で羽生さんの盤外戦術が光ります。
こういった逆転が起こるのが、将棋はただのボードゲームでなく、
れっきとした対人戦たる由縁だと思うのです。



author:ダル♪, category:ニコニコ動画, 19:12
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:12
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/547