RSS | ATOM | SEARCH
ポケモンGOについて思ったこといろいろ

○感動

言葉にするのは難しいですが、子供のころゲームボーイの中でやっていたあのポケモンが、現実世界の目の前に現れる感動はやばかったです!

 

○飽きてきた

突き詰めれば数字を増やすだけのゲームなので飽きちゃいました。

トップに立つには、ドローンとAIを使って自動化してしまえばいいんじゃないかとかしょうもないことを妄想したりもしましたが実現不可能ですし、人力で最大効率を出すにもほかのすべてを投げ打たないといけないがそこまでしたいほどのものでもないと思うと頑張る気がなくなってしまいました。

更に覚める原因になったのが、靖国神社に配置していた中国万歳のカイリューを見た時で、

先行配信されてる人たちが言ってる道は強いポケモンを何匹も捕まえて厳選して強化するだけのゲームなんだと悟ってしまったからです。なんかネタバレされた感じです。

 

なんて言いながらも、ポケモン捕まえるのが純粋に気持ちいいので、適度に続けると思います。

 

○言語の壁が大きい?

確実にヒットすることが予想されてる中で、配信されてる攻略情報は拙いものばかり。

配信されてからしばらくしてもXLが強いとかいうオカルト情報が出回るくらいで、個体値の話が出たのは結構時間がたってからだったように記憶している。それらの分析ツールが日本で使いやすくなるのはさらに先のこと。

先行配信されてる国の情報を翻訳して持って来れば、アフィリエイト収入をより稼ぐことも可能だったのではと思っていたのだけれど。

自分が見つけていないだけだったらすみません。

 

○規制うんぬん。

ポケモンGOの仕組みは、歩きスマホをする人を集めることになります。

そこを管理してる側は余計な管理コストや対応コストがかかります。

一番管理コストを低くする方法は禁止することであって、僕はそれは決して間違っていることではないと思います。

むしろ注意するなどの管理コストがかかるということで米国で訴訟も起きていてこれも個人的には筋が通ってると思います。

 

規制することにかこつけて、すぐ新しいものを潰すなどと言いますが、

別に一部の場所でできなくてもポケモンGOの良さを0.01%すら潰してないと思います。

ポケモンGOを使って新しいことをしたい人が新しいことをする環境はきちんと担保されていると思います。

 

○任天堂株

結局ノータッチでした。

初動買いくらいでしか勝つのは難しかった印象ですね。

終わったのは大量保有者が売り抜けたのが需給崩れて大相場を作ることが難しくなった要因なのでしょうか。

それとも、先行配信国で飽きが見え始めたからなのでしょうか。

他にもいろいろ思うことはありましたが、自分はこういうのには向いてないと改めて思いました。

 

○国家100年の計

URLを失念してしまったのですが、ポケモンGOのポケストップの情報はIngressのユーザーが作り上げたものでその蓄積があったからポケモンGOは成功した。Ingressは赤字であったけど、プレイヤーが位置情報を無料で入力してくれるという優位性は後からどんなにお金をかけても覆すことができない優位性になった。って感じの記事がありまして、

amazonやGoogleのような目先の利益ではなくて、常に長い目線で世界を広げていくような企業に投資できるような眼力を持ちたいなと思いました。

 

author:ダル♪, category:株式投資(企業), 12:52
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:52
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/657