RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
DVx…追記アリ


IRの返事が来たので記事に。

値下げ要求について
⇒年度毎に価格交渉する。償還価格改定があったら、その分の値下げ要求はある。

過去の償還価格改定における影響
⇒概ね売上の5%

虚血部門の改定における影響
⇒ない

虚血部門の消耗品収益について。
⇒消耗品収益もあります。

ペースメーカーの書籍の浸透度
⇒1600〜2000冊ほど売れている。


今回はうまくかわされた感じ。
引き続き追撃メール中です。

追加

償還価格改定分をメーカーに価格転嫁出来るの?
⇒価格転嫁や機器そのもののマイナーチェンジや世代交代でなんとかなるものの、概ね1%くらいは被ってしまう。

要は価格が医療機器の価格は下がってくるが、めまぐるしく新しいものと入れ替わっていくのでそこまで全体として大きな影響があるわけではない。
企業努力と販売数増でなんとかなりそう。

虚血部門の新規医療機器採用予定はあるの?
⇒ない

またも大事なところはかわされた。うーむ、個人的にはIRの印象は微妙…。


author:ダル♪, category:DVx, 19:12
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:12
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://daru1986.jugem.jp/trackback/81