RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
大局観
いつもどおりどうでもいいことを書きます。

漫画喫茶でアカギを久しぶりに読んできました。
本(漫画)を読み直すと前に読んだ時とは違う発見があってよいですね。

主に鷲巣麻雀編を読んで来たのですが、鷲巣がなぜアカギに負けてしまったのか?(正確にはまだ連載10年以上立った今でも決着は付いてませんが、アカギの元作品で未来のアカギが生きてるので、アカギは勝ったのだと思います。)ってことを考えながら読んでると面白かったのでそれを書きたいなぁと。


一見してアカギの巧妙な戦術、死を恐れない故の常識外からの刃に鷲巣が翻弄されて負けたように見えるのですが、
鷲巣は大きく分けて2つの致命的な失敗をしています。

一つは、当たり前の状況判断ができていない部分があったところです。
 代表的なのは、第五戦でメンタンピン一発三色イーペーコー裏1の倍満を振り込んだところです。それまでの経緯から怒ってしまい冷静な判断ができなくなって振り込んだという流れですが、いくらなんでも命と大金がかかった麻雀でそれはひどすぎるなぁと。
 逆に言えばあぁいう凡ミスがなければ、アカギの打ち回しがいくら巧くて時に刺さることがあろうが大金を持ってるというハンデを盾に普通に押し切れていたはずです。
 他には第六戦で、アカギが七対子黒牌単騎だと思い込み、4枚見えた2sを振り込んでますが、あれだって当たり前に消去法で考えれば当たり牌の可能性があるとわかるわけですよね。当たり前の状況把握を怠ったが故の振り込みなわけです。
 他にもあった気がしますが、VSアカギとか以前に普通の麻雀としての基本ができてないが故に自滅していることが大きい気がします。正確にはいつもはできていることが、大事な局面で一瞬抜けただけでも致命的になったということだと思います。


もう一つは、大局観を失っていることです。
 鷲巣の勝利条件はアカギを絶命させることです。要約すればつまり一度でも順位で勝つか、ロンツモで20000点取るかのどちらかです。
 決してその場の何切る問題を解く事でもないし、その局で振らないこと、上がる事でもありません。その場の押し引き判断や牌効率や点数期待値ではなく、アカギを絶命させる確率が高いゲーム展開を作るには今どの手がいいのかと考えることです。
 逆に言えばアカギがうまいのはそこのところをずらしてくるところなんですよね。その局、その手、その牌が全てといわんばかりに誘導して、ゲーム全体から考えれば悪手となる手を誘い出してくるんですよね。
 リスクの取り方も間違ってると思います。いざ血が抜かれ始めてからリスクを取り始めていますが、最初から金の壁を盾にして凡人でもわかる常識的な押し引き判断でリスクを取っていれば余裕で勝っていたわけです。追い詰められてからでは適切な判断が出来るわけがないですね。第六戦の南1局の3sと9pのどっち切るって、3sだと最大打点が高いから9pを切ったと言ってますが、当たる確率×裏ドラの確率を考えれば、9pのほうが最大打点(マンガン)が出る確率は高いと思います。
 でもあの状況なら共感してしまいますけどね。鷲巣が冒頭で言っている様に、国士にしか当たりようがない4枚目の西を切るのすら重くなる、命のかかった麻雀でそんな割り切って考えられるわけないですよね。
 リスクの判断もその場その場で欲や恐怖で決めている結果アカギに振り回されることになったわけですが、ゲームに勝つために適切なリスク量はどれくらいか?って考えてリスクテイクしていれば余裕で勝てるレベルの条件だと思います。
 大局観とは部分最適じゃなくて全体最適を考えること、理屈が一見正しいのになぜか間違えてしまう時は、大抵フォーカスする部分が間違っていることが多いです。


 逆にドラマチックに演出されてる展開、例えば鷲巣が死にかける原因となった北単騎待ちなんてのは言ってしまえば事故です。もしくは次元の違う実力の差と言えるかも知れません。実はあんなものはどうでもいいのです。
 あぁいう可能性を追えるところがアカギすげー!ってなるのは確かですが、アカギは当たり前のように上記2つの失敗を一切していません。アカギと鷲巣の差を分けたのは、ドラマチックな展開ではなくもっと簡単な当たり前の部分の差だったのではないかと思います。


 話は変わりますが、将棋のハンデ戦で、上手(強いほう)がやることは、
○場面をややこしくして自滅を誘うこと
○部分的な戦場は捨てるが、別の戦場ではリードを取ること、どの戦場が重要か判断する能力が高いので、うまく餌を撒いて本命はしっかり押さえること。

下手(弱いほう)が勝つためにやるべきことは、
○上手い手を指さなくて良いので、普通の手を指し続けること。
○場面をわかりやすく持っていくために、相手の攻めに対してすべて対応すること。

ということで、将棋のハンデ戦にも似ているのかなぁと思いました。


この話は株にも言えることだし、カードゲームにも言えることだし、なんにでもいえることだと思うのですが、難しいですよね。。。

PS
鷲巣は第一戦のときは、その基本に忠実なんですよね。多少上がられてもうまい打ち回しをされても、理不尽に勝ち負けるのが麻雀だと。

author:ダル♪, category:-, 20:31
comments(0), trackbacks(0), - -
億るの呪縛
お久しぶりです。
さて今日は億るというワードについて、末端億トレとして思うところを書きたいと思います。

投資の世界では、実際のところ億ることにとても意味があります。
億る前は、投資で1億を作る男ですみたいなTwitterプロフィールにしていたし、
ニコ生でも億った?まだ億ってないの?ほんとは億ってるでしょ?
みたいにしょっちゅう煽られていました。
自分自身も1億あれば配当で働かずに生きていけそうだから億りたいって思ってました。
毎朝会社に行きたくないので、一刻もはやく億って仕事辞めてやる!って思ってました。

実際億ると
億トレのダルさんみたいに言われることが増えました。
億トレというだけで尊敬されることもあるし、単純に億トレというだけで投資家界隈の信用度が高まっているようにも思います。

それは、億るということに価値があり信用があるということであり、だからこそ皆が億ることを目指すのかもしれません。
一番大きいのは、一億円は一資産といえる金額だというイメージだと思いますが。


はてさて、自分の投資としては、
億ってからのほうがうまくいくことが増えました。

なぜかというと、
億る前は億るという結果を強く求めて投資をしていました。
億った後はプロセスを重視して投資ができるようになりました。

億るという目標が、一刻も億らないといけない、
すぐにお金を増やさないといけない、すぐ結果を出さないといけない
という呪縛に変わり、それが心の余裕を失わせてたくさんの失敗を量産しました。

億ることを目標にしている投資家さんに伝えたいことは、
『億る』という言葉の呪縛にとらわれて、心の余裕を失わないで欲しいということです。

投資というのは大きいお金が動くので、心に負担がかかります。
そのときに心に余裕がないと、衝動的な行動に走り大失敗を生み出します。
逆に余裕のある人は衝動的な行動に走った人を狩ることで成功します。

余裕のある人がさらに勝つというのは、金銭的にもそうなのですが、精神的にもいえると思います。

億るという言葉に縛られること、更にいうと専業になろうとすること、それらは心の余裕を大きく失わせることに繋がります。
また信用取引の弊害も、単純なレバレッジの危険性もありますが、ノイズな値動きに対する心の余裕を失わせることが最も大きな弊害ではないのかなぁと思います。

なので、投資は兼業で余裕資金で現物で余裕を持って行い、余裕のない人が作り出すチャンスをとらえていくのが王道だと思います。
その際、億るを漠然と目標にするのではなく、自分の投資の本当の目的をよく考えて、それにあった投資をしていくのがよいのではないでしょうか。

PS
とえらそうなこといってる僕は
パーラーラオックスで一度損をした後取り返してやると何度も通いつめて大損しました。
ぼくはめちゃくちゃ心が弱い人間で、理屈の面ではそれなりに頑張っても心の余裕のなさでやらかすんですよね。
ってこんなこと過去のブログに何回も書いてますがほんとなおりませんね。
author:ダル♪, category:-, 00:02
comments(2), trackbacks(0), - -
1+1=3と言われればどう思うか。
ちょっと屁理屈っぽい話になるけど、大意が伝わればなぁと思います。

さてタイトルについてですが、普通に1+1=2に決まってますよね。
しかし、1+1=3だ!って伝えてくる人がいるとします。

さて、貴方はどう反応するでしょうか?


1+1=2です。
整数の世界だけで考えれば間違いなくそうです。
小学校1年で習うことですね。

しかし、1.5+1.5=3ともいえます。
ふざけているのかと思うかもしれません。
しかしそれはみなさんが小数という概念を知っているからです。
もし小数という概念を知らなければどう見えるでしょうか?
堂々と書かれていても、小数点以下を無視して、1+1=2に決まってるだろ!と思ってしまうように思います。
なんでそうなるの?・5ってどういう意味だろう?そうやって疑問を持てる人はそう多くないように思います。


小数点以下に何もないとします。
それでも1+1=3だということがあります。

だいたいにおいて、僕らが実生活で使う数字絡みの話は実数空間の話です。
しかし、実数は1次元概念ですが、虚数を含めた世界では次元の違う複素数平面というものがあります。

それを絡めると
1+1-i^2=3ということもあります。(虚数の定義上、i^2=-1です)


虚数というのは数直線から離れた概念であり、
数直線というものさしで物事を見ていたら絶対に見えません。
しかし、たとえば今この文章を読むために使われているテクノロジーにも当たり前のように虚数は組み込まれています。


さて、
1+1=2が当たり前の世界で、1+1=3だと言われた時、あなたはどう反応するでしょうか?


僕はネットでもリアルでも1+1=3だと発信することがあります。
そうすると大抵3つの反応に分かれます。

そうだよなぁ、1+1=3だよなぁ。という人と、
1+1=2じゃないの?なんで3になるの?と聞く人と、
1+1=3、馬鹿じゃねぇの2に決まってるだろと叩く人と、


そして僕はなるべく1番目か2番目でありたいと思っています。
しかし自分の経験や知識の枠の中だけで消化しようとすればするほど3番目の反応になるのです。
単純に話を聞くだけならそう難しい技術ではないかもしれませんが、
(それすら難しいこともありますけどね)
一見受け入れがたい1+1=3ということについて、
まったく新しい小数や虚数といった概念を受け入れて消化するのはとても難しいことだと思います。
ですが、小数や虚数といった概念を知ったときとてもわくわくして楽しくなります。
小数や虚数を知ったとしても、もっと別の観点から1+1=3であるということがあるかもしれませんし、もしかしたら1+1=4かもしれないし、0かもしれません。
(たとえば既に書いた話の中でも、さきほどの虚数空間をいじればいくらでも結果は変わります。)

だから僕は1+1=3だと言ってくれる人が周りにいればとても幸せだし、
株をやっていると、1+1=3だということに出会えることがあるので、株が好きなのだと思います。
author:ダル♪, category:-, 04:52
comments(2), trackbacks(0), - -
節税商品ついて思うこと。
株式投資の話というよりは、節税商品を買う側から見た目線の話です
またほとんどイメージで書いていてます。
てきとーに読んでやってください。

節税商品というのは、不動産にしろオペリースにしろなんにしろ基本的に金融商品です。
つまりリスクとリターンがあります。

通常の金融商品の場合、リスクとリターンを天秤にかけて売買を判断します。
節税商品の場合、リスクと(リターン+節税メリット)を天秤にかけて売買を判断することになるので、通常の金融商品より多少リスクリターンが悪くても購入するインセンティブが発生します。

金融商品を売る側からすると、リスクリターンが悪い案件でも節税メリットによるリターンを訴えることで売ることができます。
さらにいえば、リスクの部分については(形式上は説明しても)あまり深く説明しないことによって、リターンの部分から大きめに手数料をとっても、充分魅力的な金融商品をして売ることができます。

つまり、低く見せられたリスクと見えない手数料が引かれたリターン+節税メリットを天秤にかけて判断することになってるのが現実の節税商品なのではないかと思います。

たとえば、話題になっているFPGの節税商品は出資金に対して手数料を15%ほどかかります。
FPGは組成をするのに資金調達をして完売リスクその他いろんなリスクをとるなど、手間をかけているわけですから手数料を取るのは当然のことと思います。
しかし買う側から見て、15%手数料が抜かれている金融商品を買うというのはいくら繰り延べメリットがあるとはいえどうなのかなぁと思うのです。
アパートなどによる節税も同様で、通常の投資目的じゃ売れないリスクリターンレベルの物件でも見えないところでいろいろ抜かれながら平気で売れているのが現状だと思います(推測です)

それでも節税メリットに合っているレベルのリスクを取ってるんだと考えて購入する分にはまだいいと思いますが、
節税できてだいたいトントンならいいやと思っているくらいで、リスクを認識して購入している人は少ないように感じるのです。

さらに言えば、日本人は買う側も売る側もみんながやるからやろうって感覚が強いと思います。
アパートなんて、みんな同じ節税をやりだすことで、供給過剰が加速して、節税者同士でクビを締め合ってリスクを高めているという側面もあるように思います。

なんだかどこかでリスクが顕在化してそういう人たちが騙されたー!って叫ぶ光景が想像できてしまうのです。
そうなったとしても自業自得だとは思いますが。

そして人は欲深いものですから、社会問題化してもまた手を変え品を変え同じようなことが起こる。
世の中そんなもんだと思いますけどね。

質の悪い(本来購入者にとって不必要である可能性が高い)金融商品が量産されてがんがん売れてる現状がなんだか悲しく思えたのでグチを書いてしまいました。
そういった商品を販売している企業への投資判断というのはまた別の話で、ものすごく儲かるビジネスなわけですから、うまくスイングできる人はすごいなぁと思います。


author:ダル♪, category:-, 19:50
comments(0), trackbacks(0), - -
4月
2015年50.0%

なんのためにブログ更新してるかわからんくなってきた。。。
リターン書くの辞めにします。
元はといえば、悪い方向に大きいドローダウンをすると書くのが恥ずかしくなるから、そうならないようにしようという監視効果を狙って書いてたのですが、
それに関しては身近な人とよく話してるとぶっこいてると自然に伝わるし、身近な人に監視されてる効果があるのでいらないんじゃないかなぁと。
人間なので周りと数字を比べる方向になってしまい、あまりいいことないですね。
ダルさん50%ってすごいねみたいなリアクションが多くて、そういうの求めてるんじゃないですしね。自分がすごいなぁと思ってる投資家さんに向けてすごいという時は、姿勢面や精神面だったりしますし。


変わりに目標?みたいなの書いて公言しとこうと思います。

1枚ポジションをロングでもショートでも取るようにする。
今月中に10銘柄、来月中に20銘柄取ります。

これはまぁ単純に良いと思ってるけど買ってないポジションで取り逃しが目立つからですね。
資金には限度があるので、すべてのポジションをとるわけには行かないので仕方ないですが、
良いと思ってるけど買ってない銘柄と今持っている銘柄の間ではバイアスがかかってるんですね。
良いと思ってるけど買ってないからこそ悪い風に見ようとして、持ってる銘柄を良い風に見ようとします。
そうやって人間は自分の認識のバランスを取ろうとするのではないのでしょうか。
それによって曲がったバイアスで有力監視を逃し、持ち株を切れずに、機会損失実現損失を積み重ねてきたので、もうこりごりにしたいです。
精神面では1枚でも100枚でもそのポジションは持ってるということになっててそこまで大きな差はないんですよね。そうすることで1枚銘柄と100枚銘柄に対する認識が平等になるのではないかなぁと。0と1の差は大きくて、1と100はそんなに差が無いと思います。
author:ダル♪, category:PF、リターンなど, 23:52
comments(0), trackbacks(0), - -
3月
2015年 +31.4%
author:ダル♪, category:PF、リターンなど, 17:59
comments(0), trackbacks(0), - -
2月
2015年 +25.2%

持ち株が決算で順調に推移したこと、銀行株の上げに乗れたことで順調でした。
でも今月は自分にとってはすごくやりやすい相場で、チャンスはいっぱいあったし取り逃した感もすごいです。
何がまずかったのか反省してまた引き続き頑張っていきたいと思います。
author:ダル♪, category:PF、リターンなど, 15:16
comments(0), trackbacks(0), - -
失敗
ダル屋の売上を使って学校の図書館に経済やお金について勉強できる本を寄付しようと思い、
『市場クロガネは稼ぎたい』という漫画を近所の小学校に先日近所の小学校に持っていったところとりあえず預からせていただきますとのことだったのですが、
先ほど小学生には難しすぎるので市の方に寄付させていただきますと連絡が来ました。

漫画だしそもそも対象として合ってないという可能性も事前に考えていて、受け取ってもらえなくても仕方ないけどダメもとでとは思っていたので、受け取ってもらえないという結果自体は想定内で仕方ないかなぁとは思っているのですが、個人のエゴのために忙しい人たちに余計な手間をかけさせるようなことをするようではいけないですね。。。
author:ダル♪, category:-, 18:33
comments(1), trackbacks(0), - -
2015年1月
2015年+7.4%

中長期銘柄はまずまず、業績相場で全体的に好業績銘柄の水準が切りあがってきてますね。
投機のほうで結構削ってしまったけど、投機でそれまで取れてたしまぁ仕方ないかな、ボラが大きく上がってるのに対して適切な対応ができなかった。また勝ちやすいフェイズが来るまで投機はお休みします。
author:ダル♪, category:株式投資(企業), 15:40
comments(0), trackbacks(0), - -
ダル屋はじめました。
1、僕が心から良い!っておもう物をもし買ってくださる方がいたら、共感してくれているようで嬉しい。
2、その結果ほんのわずかでもお金が入ってきたら嬉しい。
3、ブログやtwitterで本や物をおすすめしても時がたつと流れてしまうため、ショップの中で一覧化してしまったほうがいいと思った。

ということで、amazonアフィリエイトショップのダル屋をはじめました。
よろしくおねがいします!

少しずつ商品を増やしていくつもりなので定期的にのぞいてくださると嬉しいです!

早速ですが、1つだけおすすめの投資の漫画を紹介したいと思います。
市場クロガネは稼ぎたいという作品です。
学円園学園という、成績はお金をどれだけ稼げるかどうかで決まるという、リアル経済そのまんまな学校が舞台になっています。
主人公の市場クロガネは人の才能を見抜くことに長けていて、その眼を使って才能はあるが困っている人同士を結びつけてかかわる人を幸せにしながらお金を稼いでいくお話です。

投資をやっていない人にもわかるくらいものすごくわかりやすく描かれているのに、ガチで投資やってる人も楽しめるくらい奥深いと思っていたら、作者のお兄さんがファンドマネージャーでいろいろ聞きながら描いてるらしいですね。



ためし読みはこちら↓

1話と最新話をこちらから読むことができます。
1話から4話までニコニコ静画で読むことができます。


PS

好きな場面はたくさんありすぎてあげきれませんが、2014年の投資家の自分として印象に残ったのはこちらです。(確か3巻だったと思います。)
投資というと、家でPCで有価証券報告書を読んで数字を詳細に分析するイメージがありますが、投資するのは数字ではなく会社のビジネスそのものであり、会社のビジネスそのものを理解する必要があります。
そのためには実際にその会社が運営しているお店に行く、ゲームをプレイするなど直接自分自身が動くことがとても大切です。
実際自分が始めて買った会社も、こんなお店近くにあったら絶対通う!っていう確信も含めて投資をした覚えがあります。
しかし2014年はひきこもりなこともあり、それを怠ってたくさんの小売株のチャンスを逃しました。
改めて2015年はビジネスをきちんと見て感じてビジネスに投資をすることをやっていきたいと思っています。
author:ダル♪, category:おすすめ商品, 03:10
comments(1), trackbacks(0), - -